【マサイ通信】第110回:久しぶりに雨が降ってマサイ族は大喜び! 知られざる「干ばつ」の被害とは

写真拡大

スパ! 今回は朗報をお伝えしよう。つい先日、オレたちマサイ族が住むケニアの僻地アンボセリに……久しぶりに雨が降ったんだ! 雨!! チョー嬉しい!! スーパーハッピー! オレらの祈りが「天空神エンカイ様」に通じたんだなァ〜ってな!

きっとおそらく、長きにわたってオレたちを苦しめてきた「干ばつ(かんばつ)」も、この雨をきっかけに終わりを告げることだろう。てな感じで今回は、なぜオレたちマサイ族が「干ばつ」で困るのかを、サクっと簡単にお伝えしようかな。

・じつはマジで深刻だった

熱心なマサイ通信読者の皆さんはお気づきだと思うけど、ある時から、オレはチラチラと「近年まれに見る大干ばつで困ってる」ってグチってたよな。今回の干ばつは、実はマジで深刻だった。このまま行ったらマジやばい……ってくらいにな。

そんなさなかに、井戸が直った。村のみんなが「オシャー!」って喜んだのは、マジのマジで水に困っていたからに他ならない。でも、オレたち人間よりも干ばつの被害をうけていたのは、オレたちと生活をともにするウシさんたちだ。

井戸の水で、なんとか「水分」は補給できるようになった。でもな……食い物が圧倒的に足りてなかったんだ。ふだん彼らが食べるのは、そのへんの「草」だ。

ところがどっこい、そんな主食の「そのへんの草」が、近年まれに見る干ばつによって、ぜんぜん育っていなかったのよ。いくら乾いた大地を歩いても、主食になる草が生えてない。みんな、いっつも腹ペコ状態だったのよ。

とはいえ、オレたちマサイ族にとってウシさんたちは家族同然。なんとか飢え死にしないように、ウシさんも食べられるエサとかを買ったりもした。そこに水を混ぜて食べさせるのさ。そんなこんなで金も出て行くし、良いこと何もナッシングだ。

いっちゃん(一番)ヤバイ時は、バッタバッタとウシさんたちが死んでいったよ。もうね、めちゃくちゃ悲しい。見てらんねー。悲しすぎるから死体の写真は載っけないけど、「体力なくて立ち上がれなくなったウシさん」くらいは載っけとこう。

でもな。このまま行ったらヤベえぞ……。オレたちこの先、どうなっちまうんだ……なんて思っていたつい先日、ついに雨が降ったのよ! それも大雨。まるで湖みたいな、でっかい水たまりまでできるくらいの大雨さ。よかった。本当に良かった!

なにより喜んでいるのはウシさんさ。まだ草は生えていないけど、数カ月したら生えてくる。そしたらもう、散歩コースがレストランさ。エサ代も浮くからオレらもハッピー。これぞまさに恵みの雨。干ばつなんて、モーこりごり。オレセリッ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る