【警告】G大阪=今野(3分) 仙台=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】倉田 秋(G大阪)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ31節]G大阪1-1仙台/10月29日/吹田S
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5.5
パスワークを主体に迫力ある攻撃を展開する場面もあったが、あと一歩を欠いた印象は拭えない。先制から3分後、一瞬の隙を突かれて喫した失点にも反省が残る。

 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
22分の失点は、奥埜のシュートに反応していたものの一歩及ばず……。それでも、終盤にはクリスランのシュートを片足で防ぐなど、及第点の働きは見せていた。
 
DF
35 初瀬 亮 6.5
正確なキックを生かし、2試合連続でアシストをマーク。課題の守備面でも、大きく崩される場面はあまりなかった。
 
2 三浦弦太 6
味方とのマークの受け渡しは問題なくこなしていた。後方からのビルドアップの質でやや正確性を欠いたのは気になった。
 
15 今野泰幸 6
マッチアップした石原の出足鋭い動きに苦戦も、要所はしっかりと抑えた。スペースへのカバーリングも無難にこなす。
 
4 藤春廣輝 6
序盤は守備にやや安定感を欠くも、徐々に落ち着きを取り戻す。終盤には積極的にオーバーラップを仕掛けて攻撃に厚みをもたらす。
 
MF
8 井手口陽介 6
71分にポスト直撃のミドルを放つなど総じて悪くない出来だった。しかし、本来の出来を考えればやや物足りなかったか。
 
7 遠藤保仁 6
味方からパスを引き出して前線、サイドへとさばく。ただし、決定的なチャンスに結びつく場面がなかったのも確かだ。
 
23 中原彰吾 5(59分OUT)
両脇のスペースを相手に突かれる場面が散見。マイボール時には、長短織り交ぜたパスでリズムを作ろうと試みるも、味方との呼吸が今ひとつ合わなかった。
 
MAN OF THE MATCH
10 倉田 秋 6.5
キープ力の高さと攻撃センスを発揮してチャンスメイク。味方とのパス交換から放った30分のミドルは惜しくもゴール左ポストに……。唯一、可能性のある働きを見せていた点を踏まえてMOMとした。
 
FW
20 長沢 駿 6(80分OUT)
CKから得意のヘッドで先制点を奪取。前線の基準点としての働きに物足りなさがあったが、負傷離脱したファン・ウィジョの代役として結果を残した働きはポジティブに捉えられる。
 
53 赤粼秀平 5(90+1分OUT)
味方との連係が合わない場面が多く消化不良に。2試合連続ゴールに期待が懸かるも、この日は得点の匂いが漂わなかった。
 
交代出場
MF
39 泉澤 仁 5.5(59分IN)
積極的に仕掛けたが打開力を欠いた印象も。仙台のDF陣を崩すために、もうひと工夫が欲しかった。
 
FW
13 呉屋大翔  ―(80分 IN)
前節の浦和戦で同点ゴールを決めた勢いを示すように、溌剌とした動きを見せていた。それでも、最終盤に訪れた決定機は決め切れず……。
 
FW
37 郄木彰人  ―(90+1分IN)
22節の磐田戦以来、9試合ぶりに出番が到来。しかし、限られた出場時間のなかで持ち味を示すには至らなかった。
 
 
監督
長谷川健太 5.5
「攻め」の意識を失わせず、終盤まで勝負にこだわっていたのは交代カードからも窺えた。たが勝点3は遠く、リーグ戦では7試合勝利から見放されることに。
【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
狙いどころを定めた守備が徐々に機能。攻撃面では迫力あるカウンターを展開したが、つなぎの局面では精度に課題が出た。
 
【仙台|採点・寸評】
GK
21 関憲太郎 6
セットプレーからの失点は致し方なし。局面ごとの判断は的確で、ハイボールに対する対応もまずまずの出来だった。
 
DF
13 平岡康裕 6
1対1の局面では力強いタックルを披露。終始慌てることなく冷静に振る舞いながら3バックの一角を全うしていた。