湘南の優勝を受けてJリーグの村井チェアマンがコメント

写真拡大

 J2リーグは29日、第39節2日目が行われ、ファジアーノ岡山と1-1で引き分けた湘南ベルマーレがクラブ史上2度目のJ2優勝を果たした。

 前日に行われたアビスパ福岡の結果を受けて、2位以内が確定し、1年でのJ1復帰が決まっていた湘南。前半44分にFWジネイのゴールで先制したが、試合終了間際の後半41分に同点に追いつかれ、1-1で試合を終えた。ホームで勝って優勝とはならなかったが、湘南らしい戦いでJ1復帰を決めた。

 湘南のJ2優勝を受けて、村井満チェアマンがJリーグ公式サイトにお祝いコメントを掲載。「湘南ベルマーレの皆さん、2017明治安田生命J2リーグ優勝、そして最短1年でのJ1昇格、誠におめでとうございます。3試合を残しての本日の優勝決定は、J2降格後も、最後まで諦めずに走り抜く『湘南スタイル』の攻撃的サッカー実践を貫き通したチョウ・キジェ監督と、強い意志を持ってピッチを駆け続けた選手たちのあくなき努力のたまものです」と労をねぎらった。

 また、最後まで応援したサポーターにも言及。「クラブが苦しいときにも拍手を送り続けたファン・サポーターの皆さまにとって、本日の歓喜は忘れがたいものとなるでしょう。折しも台風21号の影響によって練習グラウンドが冠水し、サポーターも加わって懸命の復旧作業を行ったと伺っています。そのような背景もあって、ホームのShonan BMWスタジアム平塚で湘南コールの大声援に包まれながら、クラブとサポーターが一体となって喜びを分かち合う光景に、スタンドから見ていた私も胸が熱くなりました」とチーム一丸となって勝ち取った優勝を称えた。

「湘南ベルマーレは、唯一無二ともいえる湘南スタイルのサッカーを継承する選手を組織一丸となって育てるだけでなく、サッカー以外のスポーツ普及にも積極的です。今年は新たなホームタウンが加わり、こうした取り組みに触れることのできる地域がさらに広がりました。来シーズン、J1の舞台でも、ピッチ内外で堅実な歩みを止めることなく、さらに質を高めたベルマーレらしいアグレッシブなサッカーを、より多くの人々に披露していただきたいと思います」


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ