終了直前に同点ゴールを決めた愛媛FW西田剛

写真拡大

[10.29 J2第39節 山形2-2愛媛 NDスタ]

 NDソフトスタジアム山形で行われた13位モンテディオ山形と16位愛媛FCの一戦は2-2の引き分けに終わった。2点差を追いつかれた山形は2試合連続のドロー。愛媛は2試合ぶりの白星こそ逃したが、元同僚が多く在籍する山形に対し、今季1勝1分と勝ち越しに成功した。

 山形は前節・讃岐戦(0-0)から一気に先発5人を変更。DF山田拓巳とMF佐藤優平が2試合ぶり、DF茂木力也が3試合ぶり、MF松岡亮輔が5試合ぶり、MF汰木康也が4試合ぶりにスタメン出場した。一方の愛媛は前節・湘南戦(0-1)から1人のみ入れ替え。MF田中裕人に代わり、出場停止明けのDF浦田延尚が2試合ぶりに先発復帰した。

 前半を0-0で終えた試合は、後半に激しく動く。後半12分、山形の元愛媛FW阪野豊史が左サイドでキープし、ボールを預かったDF瀬川和樹がタッチライン際から左足でハイクロスを蹴り込む。ファーのMF瀬沼優司が頭で落とすと、PA内左にフリーで走り込んだFW阪野豊史が右足でダイレクトシュート。強烈な一撃がゴール右に突き刺さり、今季11得点目が古巣への“恩返し弾”となった。

 直後の後半13分には、松岡の粘りからボールを託された佐藤が左サイドにはたき、パスを受けた汰木がPA手前左から右足を一閃。伸びのあるシュートがGKパク・ソンスの右手を弾いてゴール左に決まり、リードを2点に広げた。

 苦しい展開となった愛媛だが、ここから見事な追い上げを見せる。まずは後半16分、右サイドのDF玉林睦実が斜めのくさびを入れ、PA手前中央のFW河原和寿が右足で優しいワンタッチパス。3人目の動きで抜け出したFW近藤貴司がPA内中央でGK富居大樹との1対1から冷静に右足でゴール右に流し込み、19試合ぶりとなる今季6得点目を挙げた。

 その後、攻勢をかけながらも同点ゴールが遠かった愛媛。しかし、最終盤にGKパクも前線に上がるパワープレーを繰り出すと、ついに山形のゴールをこじ開ける。後半アディショナルタイム5分、右サイドからFW有田光希がロングスローを送り、ニアのGKパクには合わなかったが、その奥にいたFW西田剛がヘディングシュート。これがGK富居に触られながらもゴール右に吸い込まれ、劇的な形で勝ち点1を持ち帰った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第39節2日目 スコア速報