鹿島を勝利に導いたMF金崎夢生

写真拡大

[10.29 J1第31節 札幌1-2鹿島 札幌ド]

 首位鹿島アントラーズが敵地で13位北海道コンサドーレ札幌に2-1で勝利した。2試合ぶりに白星を手にし、首位の座をキープ。札幌は一度追いつく粘りを見せたが、5試合ぶりの敗戦を喫した。

 札幌は前節・FC東京戦(2-1)と同じスターティングメンバー。一方、25日に天皇杯準々決勝の神戸戦(1-1、PK4-5)を行っていた鹿島は、前節・横浜FM戦(2-3)から2人を変更した。MF遠藤康が6試合ぶりに先発出場を果たし、MF土居聖真は2試合ぶりのスタメン。両選手とも4日前の天皇杯に続く先発出場となった。

 札幌はこの試合で勝利し、同時刻にホームで浦和と対戦する16位広島が敗れれば、3試合を残して残留が決まる状況。首位鹿島も2位川崎Fが勝ち点2差で迫ってきており、開始から負けられない両チーム同士の白熱した攻防が続いた。

 前半をスコアレスで折り返し、試合が動いたのは後半2分。鹿島はハーフタイム明けから相手を押し込むと、敵陣右寄りでボールを持ったMF三竿健斗が左サイドに大きく展開する。山本がヘッドでPA内中央に送り、受けたMF金崎夢生は相手に囲まれながらもキープ。フィニッシュには持ち込めなかったが、後方からPA内右へ走り込んだ三竿がこぼれ球を右足で蹴り込み、プロ3年目で嬉しいJリーグ初得点をマークした。

 勝てば残留が決まる可能性のある札幌もホームの大歓声を背にゴールへと迫る。後半15分に左CKを獲得すると、キッカーのDF福森晃斗が左足で送ったクロスはPA内の金崎にヘディングでクリアされるも、こぼれ球がCK直前に投入されていたMF兵藤慎剛のもとへ。これがファーストタッチとなる兵藤がPA手前左から右足を振り抜くと、豪快なシュートが右ポストを叩いてゴールに吸い込まれる。

 四方田修平監督の采配が的中し、兵藤の今季2得点目でスコアをタイに戻した札幌だったが、均衡状態は長くは続かない。後半25分、鹿島MFレオ・シルバから縦パスを受けたDF山本脩斗がPA手前左からスルーパス。金崎が最終ラインのギャップを突いて裏へ抜け出し、ゴールエリア左脇から倒れながらも右足のトーキックでゴール右に流し込んだ。

 金崎の5試合ぶりとなる今季12得点目で勝ち越しに成功した鹿島。リード後は冷静に試合をコントロールし、危なげなく2-1で逃げ切った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第31節 スコア速報 スコア速報