ジュビロ磐田のMF中村俊輔【写真:Getty Images】

写真拡大

 29日、明治安田生命J1リーグ第31節の試合が各地で行われた。

 首位鹿島は、好調維持する13位札幌と対戦。47分に三竿健斗のJリーグ初ゴールで先制するも、その後60分には交代出場の兵藤慎剛のゴールで同点に追いつかれてしまうことに。しかし、70分にはエース金崎が相手のディフェンスラインの裏へ抜けてからの億千金のゴールを決め、結局2-1で勝利を収めている。

 2位の川崎フロンターレは、アウェイで5位柏レイソルと2-2の引き分けに終わった。大雨の影響により試合開始が30分遅れたこの試合では、ピッチコンディションの悪さが川崎のショートパス主体の攻撃スタイルに影響を与えた。フィジカルで勝る柏は48分、52分と立て続けに点を取り優勢に出た。

 しかし、首位を追走する川崎も反撃を開始。70分には交代で入った知念慶が車屋のクロスにヘディングで合わせ1点を返すと、45分には同じく車屋のクロスを小林悠が頭で合わせ同点に追いついて見せた。

 6位磐田と3位横浜F・マリノスの上位対決は2対1でホームの磐田が勝利した。30分、アウェイの横浜がPKのこぼれ球を押し込んだ伊藤翔の得点で先制するも、40分には川又堅基が相手ディフェンダーを背負いながらのシュートを決め、磐田が食らいつく。後半は、GK飯倉大樹のバックパスのコントロールミスを見逃さなかった磐田が川又のゴールで逆転した。

 この結果、勝ち点を67に伸ばした首位鹿島と川崎の勝ち点差は4に。3位は大宮に2-1で勝利した勝ち点57のセレッソとなったため、残り3節を残して首位争いは2チームに絞られることとなった。また、それに続いて勝ち点55の4位柏、5位横浜、勝ち点54の磐田がACL出場権の3位をかけて争うこととなる。

text by 編集部