監督就任後、横浜戦初勝利となった名波浩監督。試合後はほっとした表情を見せていた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ31節]磐田 2-1 横浜/10月29日/エコパ
 
 大雨の一戦で就任後初めて、横浜F・マリノスから勝利をもぎとった磐田の名波浩監督。試合後、晴れやかな表情でフラッシュインタビューに応え、「本当に気持ちが入ったゲームだった。就任してから、カップ戦も含めて4回勝てていない相手で、いつも慌てさせることができなかった。今日は先に取ろうと言っていたけど、先に取られてしまって厳しい状況だった。でも、後半は前向きなプレーが増えた」とコメントした。

 
 その中で指揮官が固有名詞を挙げて、賛辞を送った選手がいる。2ゴールの川又堅碁と上原力也だ。

「今日は半分しか出ていないけど、僕自身は上原がマン・オブ・ザ・マッチだと思っている。川又も足が痛い中で、チーム事情から出さないといけないのでよくやってくれている」(名波監督)
 
 とりわけ、上原に関しては指揮官がこの試合の殊勲者と言い切るほどで、「特に上原が入ったことで推進力が出て、崩しのシーンが増えたので非常に良かった」と攻撃面で高評価を与えた。
 
 これでACL出場権争いも現実味を帯びてきた磐田。ここから3週間の中断期間を挟むが、リーグ戦再開後も、名波監督がふたりの活躍を待ち望んでいるのは間違いない。