長澤のJ1初ゴールで浦和が3戦ぶり勝利! 主将青山が負傷交代の広島、残留へ暗雲

写真拡大

交代直前のはずだった長澤が殊勲の決勝弾

 残留争いの渦中にあるサンフレッチェ広島は、ホームで浦和レッズを相手に痛い敗戦となった。

 29日のJ1第31節での対戦は、浦和が後半16分に交代直前のはずだったMF長澤和輝が決勝ゴールを挙げ、1-0の勝利を収めた。

 浦和は堀孝史監督の体制になってから初めて、日本代表DF槙野智章を4バックのセンターバックに起用し、DF宇賀神友弥が左サイドバックに入った。

 前半は浦和のボールポゼッションが高かったものの、互いに大きなチャンスを作ることのない時間が流れていった。そのなかでアクシデントに見舞われたのは広島だった。前半36分に主将の元日本代表MF青山敏弘が腰を痛めてピッチに倒れ込むと、ドクターのチェックとストレッチの後に一度はピッチに戻ったが、交代を要求。主将の負傷交代という痛恨の状況が生まれてしまった。

 前半に訪れた両チーム最大のチャンスはアディショナルタイム、広島のロングボールを自陣で跳ね返した浦和のボールは最終ラインの背後に抜け出したFW興梠慎三のところへ。相手GKと1対1になるチャンスだったが、得点ランキングトップに立つストライカーの左足シュートはまさかの枠外。スコアレスのまま前半を終えた。

降格危機の広島にとっては痛恨の敗戦に

 後半に入るとゴール前のシーンが増え始め、まずは同5分に浦和が左サイドから抜け出したFWラファエル・シルバがGKと1対1になったが、ファーサイドを狙ったシュートはGK林卓人がファインセーブ。広島は同7分に左からのクロスをゴール前でMFアンデルソン・ロペスが合わせたが、枠外に飛んだ。

 浦和は同15分を前にMF長澤和輝からMF矢島慎也への交代を用意し、プレーが切れた時点で交代という用意がされていた。しかし、その長澤にとってラストプレーとなるはずだった攻撃は右サイドに展開され、攻撃参加したDF遠藤航のクロスはゴール前に走り込んだ長澤の元へ。これを右足ボレーで蹴り込み、長澤にとって浦和加入後初、J1初ゴールの先制点となった。これを見て、浦和の堀監督は交代を取りやめた。

 残留のために最低でも勝ち点1が欲しい広島は同21分、MFフェリペ・シウバがゴール正面やや右サイドから壁を越えてニアサイドを狙った直接FKを放った。浦和GK西川周作も反応できないスピードで飛んだボールだったが、惜しくもサイドネットでゴールはならなかった。

 広島は残り15分の時点で長身FW皆川佑介を投入し、なりふり構わず1点を取りに行く姿勢を見せた。そのなかでアディショナルタイムにFWパトリックが抜け出しGKと1対1になったが、西川の足を伸ばしたファインセーブでゴールならず。試合はこのまま1-0で終了し、浦和がリーグ3試合ぶりの勝利を手にした一方で、残留を争う広島は痛恨の敗戦になった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images