“勝負強い”鹿島、エース金崎の技あり決勝弾 公式戦連敗ストップで首位堅守 

写真拡大

天皇杯からスタメン7人変更 三竿健が今季リーグ戦初ゴールで先制

 J1鹿島アントラーズが連覇に向けて、勝負強さを見せつけた。

 29日に行われたリーグ第31節の敵地・北海道コンサドーレ札幌戦に臨み、一度は追いつかれたもののFW金崎夢生の勝ち越しゴールで2-1と勝利した。

 他会場の結果次第では札幌のJ1残留、鹿島の首位陥落の可能性がある一戦。鹿島はミッドウィークの天皇杯準々決勝・ヴィッセル神戸戦からスタメン変更7人を変更して“必勝態勢”を敷いた。

 試合開始直後、鹿島は札幌のFW都倉賢、ジェイの長身をターゲットにするシンプルな攻撃に応対しながら、前半14分に得意のカウンターから金崎がフィニッシュまで持ち込んだが、相手GKク・ソンユンのセーブに阻まれた。同29分にも相手最終ラインのミスを奪ったMF土居聖真がドリブルで持ち込み、サポートしたMFレアンドロがゴール前の至近距離でフィニッシュ。しかし、これも札幌の必死の守りの前にゴールを破れず、スコアレスのままハーフタイムに入った。

 試合は後半立ち上がり2分に動く。左サイドのクロスを金崎がペナルティーエリア内で粘り強くキープすると、混戦になってこぼれたボールをMF三竿健斗が右足で力強く蹴り込み、ゴールネットを揺らす。三竿健にとって嬉しい今季リーグ戦初ゴールで、鹿島が先制点を奪った。

同点に追いつかれるも金崎の一撃で勝ち越し

 優位に立ったかと思われた鹿島だが、後半15分に落とし穴が待っていた。左CKを鹿島守備陣がクリアしたところ、直前に投入されていたMF兵藤慎剛がファーストタッチとなる右足ダイレクトシュートを放つ。シュート回転がかかったボールは右ポストに当たってゴールマウスに吸い込まれ、試合は1-1と振り出しに戻った。

 苦境に陥った鹿島を勇気づけたのは、チーム内得点王の金崎だった。同25分、DF山本脩斗のスルーパスに最終ライン裏を抜け出すと、左サイド角度のないところから滑り込みながら右足アウトサイドで流し込む技巧的な一撃で勝ち越した。

 リードを奪った鹿島はその後も巧みなボールキープで札幌の反撃の芽を断ち、逃げ切り。前節の横浜F・マリノス戦、天皇杯・神戸戦と連敗していたチームにとって貴重な勝ち点3獲得となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images