コンパクトなのに超広角で撮れるガーミンのドラレコで“いざ”に備える!

写真拡大 (全3枚)

いまや一般車にも搭載されるようになってきたドライブレコーダー。不慮の事故など、いざというときの映像が残せるため、状況分析などに大いに役立つアイテムです。
そんなドラレコがどんどん進化中なのをご存知ですか? GARMINの「GDR W180」は、視界を遮ることのないコンパクトサイズながら180°の超広角視野を誇るうえ、ボイスコントロールが可能。さらに、さまざまな危険を察知して警告してくれる最先端運転支援機能付きで、ドライブを数分のコマ送り動画として記録できるんです。

米国のGPS機器メーカーGARMINがリリースする「GDR W180」は、前モデル同様、縦5.6×横4.0×幅2.1cm(突起部含まず)という、業界最小クラスのサイズを実現しています。これは、なんとマッチ箱とほぼ同一サイズ。それでありながら、対角184度/水平154度/垂直82度という超広角視野の撮影が可能になりました。

FullHD1080p(1920×1080:29fps)の高画質、WDR補正による鮮明な映像は、付属の16GBmicroSDカードに記録されます(microSDカードは最大64GBまで対応)。GPS内蔵なので、時刻や位置情報、走行速度が自動取得され、事故などが発生した場所を詳細に知ることができ、いざというときも安心です。

また、「OK Garmin」と言うだけで起動するボイスコントロールを搭載しているので、ハンドルから手を離さずに静止画撮影、音声録音の開始/停止などの操作ができて安全。ステアリングリモートコントローラーも付属おり、同じ操作を手元で行うこともできます。

そして、最新のドラレコには、運転支援機能まで付いているんです。前車への接近を警告音で知らせる「前方衝突警告」、車線のはみ出しを検知し知らせる「車線逸脱警告」、信号発進時など前車の発進を知らせる「発信確認警告」、オービスポイントへ接近すると知らせる「スピードカメラアラート」の4つの機能で、快適なドライブをサポートしてくれます。

さらに、数時間の映像を、数分のコマ送り動画として記録する「Traverapse(トラベラプス)」機能も。楽しいドライブの記録を残してくれます。これらの映像記録は、Wi-Fiを介して専用スマホアプリ上で映像の再生、共有できます。この充実の機能で、価格は3万5424円。ドライブをさらに「安全」で「楽しい」ものにしてくれる一台、導入してみては。

>> ガーミンジャパン「GDR W180」

 

(文/&GP編集部)