平壌化粧品工場を現地指導した金正恩氏(2017年10月29日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、平壌化粧品工場を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が29日、伝えた。実妹の金与正(キム・ヨジョン)氏、李雪主(リ・ソルチュ)夫人が同行した。

同通信によると、金正恩氏は、工場に設置された同工場を現地指導する金正日総書記の写真を見ながら、「わが総書記が立派に転変した工場を見て回ったならたいへん喜んだことだろう」と述べた。

また、工場の各所を見て回り、「平壌化粧品工場で生産している化粧品の種類も多く、質もよいだけでなく、容器の形はもちろん、包装箱も本当に格好がよい」とたいへん喜び、「より美しくなろうとする女性の夢を実現させられるようになった、現代化、科学化、工業化された工場で量産される世界的水準の化粧品をもらって喜ぶわが女性、わが人民を考えると本当にうれしい」と語った。

さらに、「どこを見ても従前の姿が全然見られないように完全に垢抜けした、工場を遠い後日にも遜色がないように世界がこれ見よがしに立派に改築したので本当に気分がよい」と述べた。

その上で、金正恩氏は工場に提起される課題を提示し、生産工程の現代化の課題を与えた。

現地指導には、与正氏、雪主夫人の他に安正秀(アン・ジョンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。