北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は28日、署名入りの論説で「自主的な路線を堅持し、百勝の道を力強く開いていく」としながら核開発を継続する意思を示した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「朝鮮は暴悪非道な米帝の核威嚇・恐喝を永遠に終息させ、自主的発展と限りない繁栄の広い道を開いていくために困苦欠乏に耐えて自衛的な核抑止力を保有し、それを非常な速度で強化してきた」と述べた。

また、「われわれの核戦力は朝鮮半島と北東アジア地域の平和と安全をしっかり守り、朝鮮民族の自主権と生存権、発展権を頼もしく保証する威力ある抑止力になっている」と主張した。

さらに、「もし、われわれが核を保有しなかったなら、米国はすでに朝鮮半島で侵略戦争を挑発したはずであり、それによってわが民族は身震いする核災難に見舞われるようになったであろう」と核開発を正当化した。

その上で、「米国とその追随勢力がわれわれに対する制裁・圧迫と軍事的威嚇をよりいっそう強化しながら反共和国圧殺野望を実現しようと狂奔しているが、それはたわいない行為である」と強調した。