ジョージ・クルーニー 新作で監督業に専念した理由は「恥ずかしいから」

ざっくり言うと

  • 新作映画「Suburbicon」で監督を務めたジョージ・クルーニー
  • 監督業に専念した理由について、「恥ずかしいから」と心情を吐露した
  • 「自分自身を監督するのはとても難しい、恥ずかしい」のだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング