画像提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱自動車は「第45回 東京モーターショー2017」において、オレンジ色を内外装のアクセントカラーとし、アウトドア用品のギア感を表現した「ACTIVE GEAR(アクティブ ギア)」全5車種をシリーズ展示した。すでに販売されている「デリカ D:5」「アウトランダー」に加え、11月16日に発売予定の「RVR」、そして参考出品となった「eK カスタム」「eK スペース カスタム」の「ACTIVE GEAR」が初披露されている。

「ACTIVE GEAR」シリーズは「今までより一歩先に踏み出したい」というドライバーの好奇心と探究心を駆り立てる内外装を特徴とした特別仕様車。アクセントカラーのオレンジ色は太陽や炎に例えられ、乗る人の前向きな気持ちを引き出し、新しいことに挑戦する気持ちを後押しするという。オレンジ色はアウトドアの本格派が愛用する登山ロープやバックパックなどのギア(道具)に採用される色でもあり、機能性の高さも表現する。

なお、すでに販売されている「デリカ D:5」や「アウトランダー」には、専用のオリジナルパーツを組み合わせた「ACTIVE GEAR コンプリートパッケージ」がディーラーオプション設定されており、発売が予定されている「RVR」にも設定される予定。追加のデカールや専用のフロアマットなどによって、「ACTIVE GEAR」の世界観を一層強調するオプションとなっている。