金崎が渾身の決勝点! 鹿島が札幌下して首位堅持、三竿はJ初ゴール

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第31節が行われ、北海道コンサドーレ札幌と鹿島アントラーズが対戦した。

 前半は鹿島がボールを持ち、多くのチャンスを作る。札幌はスーパーセーブでチームを救ったGKク・ソンユンら守備陣が奮闘し、スコアレスで折り返した。

 後半に入るとすぐに試合が動く。鹿島が47分、右サイドからエリア内にボールを送ると、金崎夢生が収めて強引に前を向く。混戦からボールがこぼれると、狙っていた三竿健斗がゴール左へ蹴り込んだ。三竿のJリーグ初ゴールで鹿島が先制に成功した。札幌は60分、コーナーキックのこぼれ球を、代わって入ったばかり兵藤慎剛がアウトサイドにかけたシュートを狙う。これがポストの内側に当たってネットを揺らした。

 鹿島は70分に再びリードを奪う。金崎が巧みな動きだしで縦パスを引き出してDFラインの裏に抜け出す。難しい体勢から右足つま先で流し込んで貴重な勝ち越しゴールを決めた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、鹿島が2−1で勝利した。

 次節、札幌は11月18日にアウェイで清水エスパルスと、鹿島は11月5日にホームで浦和レッズと対戦する。

【スコア】
北海道コンサドーレ札幌 1−2 鹿島アントラーズ

【得点者】
0−1 47分 三竿健斗(鹿島アントラーズ)
1−1 60分 兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌)
1−2 70分 金崎夢生(鹿島アントラーズ)