柏と川崎の上位決戦、波乱の幕開けに… ピッチ不良のため試合開始が30分延期

写真拡大

キックオフ直前に30分の延期が発表される

 J1リーグは29日、各地で第31節の全9試合が開催されているが、台風22号の影響を受けて広い範囲で激しい雨に見舞われている。

 そのなかで優勝争いを演じる2位川崎フロンターレが、アウェーに乗り込み5位柏レイソルと激突する一戦は、ピッチコンディション不良のため、16時キックオフの予定が30分延期された。

 試合会場の日立柏サッカー場は、ピッチの至るところに水たまりができており、両チームがウォーミングアップを行ったものの、ボールがはねない状況となっていた。そのため試合直前に、キックオフ時間を30分延期することを発表。両チームのサポーターが見守るなか、係員が懸命に水をかき出していた。

 首位の鹿島を勝ち点2差で追う川崎と、ACL出場圏内の3位を争う柏にとっては重要な上位決戦となるが、対戦前から波乱の展開となっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images