BANANALEMONは、11月15日から新曲「GIRLS GONE WILD」を配信スタートする/Photographer / ARISAK、Makeup / CHAMII QUEEN、Hair & Makeup / Cana

写真拡大

4人組ガールズグループ・BANANALEMON(バナナレモン)が、10月25日(水)渋谷 TSUTAYA O-EASTで開催された“14th TIMM Showcase Live”に出演。未発表新曲「GIRLS GONE WILD」やダンスパフォーマンス含む全5曲を海外から多数詰めかけたオーディエンスを前に堂々のパフォーマンスを披露した。

【写真を見る】圧倒的なライブパフォーマンスを披露した4人組ガールズグループ・BANANALEMON/Live Photo / Taku Ohmoto

日本音楽の海外進出を目的として、10月23日(月)から3日間、海外のバイヤー1000名以上が詰め掛けるなか開催された“第14回 東京国際ミュージック・マーケット(TIMM)”。その最終日の締めくくりとして行われた“TIMM Showcase Live”に、BANANALEMONが登場した。

BANANALEMONのステージは、定番となりつつも毎回少しずつアップデートされるダンストラックがポイント。今回は琴の音や扇子を取り入れた演出でスタートし、序盤から圧倒的なダンススキルで会場を沸かせた。SHINeeなどK-POP勢への振付提供で活躍中のダンサー・RIKIMARU(リキマル)が手掛ける彼女たちのダンス、そして安定したボーカルパフォーマンスで「I WANNA, I WANNA」を披露。続くカバー楽曲では、ラップやハイトーンを惜しげもなく連発し、海外にも通用しうるパフォーマンス力を見せつけた。

後半はSpotify Japanが選ぶ2017年・注目の新人アーティスト“Early Noise Japan”にも選出された初のオリジナル楽曲「#SorryNotSorry」を披露。海外からのオーディエンスの中にはキャッチーな振付を真似て踊る人の姿もあるなど、観客のテンションを一気に最高潮へと導いた。

ラストは、11月15日(水)に配信をスタートする新曲「GIRLS GONE WILD」を披露。日本語・英語が入り混じり、攻撃的ながらも共感を生むメッセージ性に富んだBANANALEMONらしい歌詞に観客は聴き入り、ボーカル・ダンス・ステージングすべてにおいて高いレベルを見せつけ大歓声の中にステージを締め括った。

なお、新曲「GIRLS GONE WILD」は11月15日(水)にSpotifyおよびKKBOXのストリーミング限定で配信されることが決定。併せて新アーティストビジュアルも発表された。今回のビジュアルはフォトグラファーに国際的なファッション誌「commons&sense」や「装苑」のブルゾンちえみ×コシノジュンコのコラボ作品を担当し話題となったARISAK、ヘアメイクにはジェンダレスな美しさを放ちInstagramを通じて多くの若者に影響を与えているCHAMII QUEEN(QueenMakeUpStudio)という、気鋭のクリエイターを迎えた作品となっている。