松山英樹、WGC初戦は上位に絡めなかった(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-HSBCチャンピオンズ 最終日◇29日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
今シーズンの世界ゴルフ選手権第1戦「WGC-HSBCチャンピオンズ」の最終日。昨年覇者の松山英樹は前半にスコアを2つ伸ばすも、後半では6番からの3連続ボギーで失速し、トータル4オーバー49位タイでWGC初戦を終えている。
【関連動画】タイガー・ウッズが罪を認める 保護観察処分に
トータル14アンダー単独首位に世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)、1打差2位にブルックス・ケプカ(米国)、2打差3位タイにジャスティン・ローズ(イングランド)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)らメジャー覇者3人が続いている。
日本勢最上位はトータル4アンダー16位タイでフィニッシュした片岡大育。谷原秀人はトータル3アンダー20位タイで4日間を終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終日のリーダーボード
滅多にアイアンを替えない世界一が『P730 D・Jプロト』でいきなり爆発!
松山英樹は巻き返しならず66位、18番では“珍事”も!?
【PGAツアー動画】タイガー・ウッズが罪を認める 保護観察処分に
世界1位のすべてがここに!ダスティン・ジョンソンの選手名鑑