小泉の魂のゴールで新潟が残留に望みをつなげた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ31節]新潟1-0鳥栖/10月29日/デンカS
 
 J1リーグ31節の新潟対鳥栖が29日、デンカビッグスワンスタジアムで行なわれ、新潟が1-0で勝利した。
 
 引き分け以下でJ2降格が決まる新潟は、立ち上がりからアグレッシブに仕掛けた。しかし、ポゼッションで優位に立ち、長短のパスを織り交ぜてゴール前に迫るものの、ラストパスやクロスの精度を欠いてなかなかゴールが奪えない。小川佳純のFKにドンピシャで合わせたホニのヘッドもGK権田修一の正面を突くなど、押し気味に進めながらも、前半はスコアレスで折り返した。

 そうして迎えた後半、新潟の気迫がついに実を結ぶ。55分、CKのセカンドボールを拾った小泉慶がワントラップから右足を一閃。エリア外から放たれたミドルが、豪快にゴールネットを揺らした。
 
 新潟は、62分にもホニがドリブルで持ち込み豪快にシュートを放つ。さらに、このこぼれ球をホニが拾ってクロスを上げ、河田篤秀がヘッドで合わせた。このシュートはゴールライン上でDFにクリアされたが、2点目が生まれてもおかしくない場面だった。
 
 終盤は一転して鳥栖の猛攻を受けたが、83分に迎えた決定的なピンチはGK大谷幸輝のファインセーブとソン・ジュフンの懸命な戻りでゴールを許さず。85分にも大谷が身体を張って相手のシュートをブロックした。
 
 結局、そのまま1-0で試合は終了。新潟が虎の子の1点を守り抜き、ホームで勝点3を手にした。ただ、この勝利でなんとか残留の望みをつなげたが、勝点19で最下位は変わらず。16時キックオフの甲府対神戸、広島対浦和の結果次第で今節のJ2降格が決定する。