鳥栖に1-0での勝利を収めた新潟の選手たち【写真:Getty Images】

写真拡大

29日、明治安田生命J1リーグ第31節の試合が行われ、アルビレックス新潟はホームでサガン鳥栖と対戦。新潟が1-0で勝利し、奇跡の残留へ望みをつないだ。

 なんとしても降格を免れたい新潟は、前半から積極的に攻めに出るも得点を奪えず。しかし、55分には右コーナーキックのこぼれ球を拾った小泉慶が鋭いシュートでゴールを突き刺し先制点を奪取すると、残りの時間も相手にゴールを許さずなんとか1-0での勝利を掴んだ。

 これまでリーグわずか3勝しかあげられていなかった新潟は、残留への最低条件として残り全試合に勝利したうえで他チームの結果を待たなければならず、かなり厳しい状況にあった。鳥栖との試合では勝利を挙げることができたため、今節の降格決定は他会場での結果次第となる。

 なお、今季のJ1リーグでは、第30節終了時点で11位のFC東京にまで未だ降格の可能性が潜んでいる。現在降格圏内にいる16位サンフレッチェ広島と17位大宮アルディージャ筆頭に、今節の結果が残留争いに大きく影響しそうだ。

text by 編集部