くまざわ書店アクアシティお台場店のアニメや漫画関連本コーナー

写真拡大

 世に存在するさまざまな「ヒット商品」。しかし、そんな中、ある場所でのみ、“局地的”にバカ売れしているモノがある。局地的ヒット商品の秘密を探った!

◆クールジャパン好きな外国人オタクのハートを狙い撃ち!

 アニメや漫画関連の高額な画集や絵コンテ集が、長いスパンで売れ続ける……といえば、秋葉原を連想するが、なんとお台場にある商業施設・アクアシティ内の「くまざわ書店 アクアシティお台場店」は同店全店舗の中でも際立ってそれらが売れる支店だという。

「客層の3〜4割が外国人観光客。いわゆる“クールジャパン”好きで、他店では売れない高額商品も、日本土産として買っていってくれます。日本国内の流行に左右されず長期で売れるのも特徴です」

 そう語るのは、同店店長の相原聡子氏。

「例えば、’96年に発表され、世界的に流行した少女漫画『カードキャプターさくら』関連商品の『CLAMP 描き下ろし クロウカードセット』は問い合わせが多く、20〜30代外国人女性に大人気です」

 また、コンテンツのグローバル化によって、国内外のブームに時差がなくなっている傾向も。

「圧倒的に売れているのは、1000万DLが話題になったスマホゲーム『Fate/Grand order』関連商品。日本国内のブームと観光客人気は時期的にズレることが多いのですが、アプリゲームのためか国内のブレークと同時に売れるように。去年、大ヒットしたフィギュアスケートを題材としたアニメ『ユーリ!!! on ICE』もズレがなく売れました。ロシア・東欧系の女性に熱狂的なファンが多く、なかには商品を見て“キャー”と興奮して悲鳴を上げるお客さまもいらっしゃいます」

【くまざわ書店アクアシティお台場店 売れ筋クールジャパン書籍】
・Fate/Grand order カルデアエース
・ユーリ!!!onICE 公式ガイドブック
・CLAMP描きおろし クロウカードセット

【相原聡子氏】
くまざわ書店アクアシティお台場店店長。’12年から複合ショッピング施設アクアシティ内「くまざわ書店 アクアシティお台場店」店長に。外国人観光客が多く、接客に日本語をほとんど使わない日もある。

― 局地的[バカ売れ商品]の秘密 ―