Iカップグラドル天木じゅん、姉・黒田絢子とおっぱい比べ

写真拡大

アイドルの黒田絢子が、10月28日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30〜)に出演。「実の妹の天木じゅんを利用していること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、大久保佳代子、博多大吉。

現在、ライブを中心に活動しているアイドルの黒田は、ある日、自身のSNSで、Iカップグラビアアイドルの天木と姉妹であることをカミングアウト。それ以来、姉妹の2ショット写真を連続して投稿するなど、積極的に姉であることをプッシュし、天木の人気に便乗。さらに、妹に頼み込み、姉妹グラビアまで実現させてしまう。スタジオには、そんな姉の黒田と妹の天木が揃って登場。『有吉反省会』にも度々出演している天木は、今回が地上波初めての姉妹共演だとアピールするも、有吉は「ありがたみがゼロ!」と切って捨てる。

さらに「今日も妹に便乗させてもらって、(番組に)出させてもらいました〜」と浮かれる黒田に対し、有吉は、「便乗するほどスゴくもなんともない」と指摘。妹の天木に対しても「今日もしゃくれてますね」と毒舌を披露し、スタジオの笑いを誘った。

有村架純と藍里の有村姉妹や、広瀬すずとアリスの広瀬姉妹など、芸能界は空前の姉妹ブーム。自分たちもその波に乗りたいという2人だったが、あまりの高望みに、反省見届け人の3人の顔は硬直。大吉が、「天木さんのグラビアはよく見るんです」と前置きしつつ、「でも会うと、こうなんです」と、写真と実物とのギャップを指摘。さらに、「番組の照明がおかしいのかな? スタジオに関して言うと超ブスだよ」と酷評した。また、バカリズムの「静止画向きなんじゃないですかね」というコメントに、有吉も「動くとヒドいよ」と付け加えていた。

スタジオの出演者には散々だった天木だが、黒田にとっては眩しい存在で、妹の方が人気なため、実家に帰るのが恥ずかしいのだと告白。しかし、有吉は「お姉ちゃんのほうがマシに見えるよ」とフォローし、「(天木は)おっぱいだけでしょ」と結論づけた。ここで、大久保が、Iカップだという天木と、胸の大きさは内緒だという黒田のおっぱいの感触を比較することに。両方合わせて2.5kgの天木のおっぱいを服の上から揉みしだいた大久保は、「痛てーな、手首が」と、そのボリューム感に圧倒されてしまう。一方で、天木より小ぶりな黒田の胸を揉んだ大久保は、「ちょっとエロい気持ちになってきた」と頬を赤らめるのだった。

そんな姉妹2人への禊はなし。「お帰りください」と有吉に冷たくあしらわれた2人は、「禊させてください!」と懇願。「親とか出なくても大丈夫ですか?」「お母さんおっぱい大きい」という黒田に、天木も「私よりも胸が大きい。バスガイドです」と猛アピール。これには大吉が「え? お母さんおっぱい大きいの?」と食いついていた。

この他には、プロレスラーの松田慶三が登場。「練習時間を削ってまで懸賞に応募していること」を反省した。