英海軍のヴァンガード級原子力潜水艦(2009年2月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英国海軍が全兵士に義務付けている違法薬物検査で、原子力潜水艦に勤務する兵士9人が陽性反応を示したため除隊処分となった。英国防省が明らかにした。

 英海軍は戦略核ミサイル「トライデント(Trident)」を搭載するバンガード(Vanguard)級原子力潜水艦を4隻保有しているが、除隊処分を受けたのはこのうち「ビジラント(HMS Vigilant)」の乗組員9人。いずれも違法薬物検査で陽性反応が出ていた。

 ビジラントをめぐっては、他の乗組員についても不適切な関係に関与した疑惑があると英メディアが詳細に報じており、英海軍報道官はこれについても調査を開始したと述べている。
【翻訳編集】AFPBB News