U-19日本女子代表(ヤングなでしこ)は28日、中国で行われているAFC U-19女子選手権の決勝でU-19北朝鮮女子代表と対戦し、1-0で勝利。2連覇を達成した。

 すでに来年8月にフランスで開催されるU-20女子W杯の出場権を獲得している日本は後半5分、PA左でパスを受けたFW植木理子が対峙した相手をかわして右足を振り抜き、右サイドネットに突き刺して先制点。この1点を最後まで守り抜き、2015年大会に続いて2大会連続5回目の優勝を果たした。

 以下、試合記録

■北朝鮮 0-1(前半0-0)日本

得点:植木理子(50分)

先発

GK 1 鈴木あぐり

DF 4 南萌華

DF 5 牛島理子

DF 6 高橋はな

DF 13 宮川麻都

DF 17 北村菜々美

MF 7 林穂之香

MF 9 宮澤ひなた

MF 10 長野風花

FW 11 宝田沙織

(89分→FW 14 村岡真実)

FW 19 植木理子

控え

GK 18 スタンボー華

GK 21 福田まい

DF 2 小野奈菜

DF 3 高平美憂

DF 12 長嶋玲奈

MF 8 福田ゆい

MF 20 菅野奏音

MF 23 佐藤瑞夏

FW 15 目原莉奈

FW 16 児野楓香

FW 22 遠藤純

監督

池田太