「背中のお肉をおっぱいに持ってきて、斜め上に揺らす“おっぱい体操”をしています♡」と告白した磯山さやか

写真拡大

10月28(土)放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、TOKIOの松岡昌宏、博多大吉、磯山さやかが、東京・五反田にあるもつ焼き「ばん」へ。磯山が、ベテラングラビアタレントとして欠かさない“ある体操”の秘密を告白した。

【写真を見る】黒いレースの下着姿をアピールした磯山さやか/2016年撮影

まずは「レバカツ」「激辛トンビ豆腐」をアテに、レモンサワーで乾杯。34歳になった磯山は、いまだ現役グラビアタレントとして活躍中だが、大吉に「えっ? まだやってるんですか?」と驚かれ、「需要がある限りは…」とコメント。松岡は「でもどうですか? 若いだけのグラビアって面白いですか? 磯山さんを見て“日活ロマンポルノ”を思い出す…みたいな(笑)」とフォローするが、大吉は「たしかに! 磯山さんの写真集って、シニア層が通販で買うイメージですもんね(笑)」と、さらに勝手な分析を。

磯山は苦笑いしながら、「でも、まだ全然いいおっぱいなんです。すごく柔らかくて…」と自慢。「背中のお肉をおっぱいに持ってきて、斜め上に揺らす“おっぱい体操”をしています♡」と告白し、一同が大爆笑する一幕があった。

3軒目のお店に移動する際、薄暗い中、ある黒い物体がたくさん飾られている窓を見上げた磯山は、「あれSMグッズじゃないですか? グラビアでボンテージとか着たりするんですけど、(グラビア雑誌の編集者が)“よく五反田で借りてくる”って言ってました!」と自信満々にコメント。だが、松岡と大吉がその窓をよく見ると、そこに置かれていたのはSMのコスチュームではなくただのボクシンググローブで、磯山が「やだ! 今の全部カットしてもらっていいですか?(笑)」とあわてる瞬間があった。

次回は11月4日(土)夜0:50より放送予定。松岡と大吉が、学芸大学前でぶらり飲みする。