子ども同士の約束!場所も時間も分からない「遊びの約束」に親はどう関わる?

写真拡大

小学生になると、子ども同士で個別に遊びの約束をする子が増えます。

五感で体験する“魔法の授業”って? 話題の探求系学習塾「探究学舎」の人気の秘密

小学校は幼稚園や保育園とは違い、放課後の過ごし方が自由になることから、一定の決められた範囲で遊ぶことに飽きが出てくる小学生も増えるものです。

そのため「学校が終わったら〇〇公園で遊ぼう」や「日曜日は僕の家でゲームをしよう」など、子供同士が個別に遊びの約束をするようになります。

子どもから「今日は〇〇君と公園で遊ぶ約束をしたから」と突然言われても、何時にどこの公園で何をして遊ぶのかが明確でないため、親としては「何時にどこの公園に、何を持たせて連れて行けばよいのか」が分からず、そもそも本当に約束をしたのかさえ疑ってしまったりもするでしょう。

そんな時、親としてやってはいけないことが、「よく分からない約束だから子どもを遊びに行かせない」ということ。

子どもは遊びたくて約束をしているのですから、その願望を叶えてあげるために、親としては出来る限りのフォローをしてあげたいものです。

では、普段ママ達は、子ども同士の遊びの約束にどう関わっているのでしょうか。

今回は、小学校低学年の子どもを持つママ達に、子ども同士の約束の関わり方について聞いてみました。

子どもはまだまだ未熟な「約束事の初心者」です

「ただいま!今日○○君と遊ぶ約束したから」と言いながら帰ってくる子どもは、小学校低学年に多いといいます。

約束したはいいけれど、誰とどこで何時から何をして遊ぶのかなどの内容が不透明である場合が多く、ママはそのたびに困惑するものです。

子どもは遊びたい一心でお友達と約束をしてきますが、約束にはさまざまな決め事が必要であることを分かっていません。

そういった意味では子どもはまだまだ未熟な約束事における初心者。ですから十分な親のサポートが必要なのです。

子ども同士の約束事はママが大変だから「やめて!」というのは、子どもの成長を止めてしまう可能性もあります。ですからここは教育の一環と考え、教えてあげながら関わっていけると良いですね。

子どもの遊びの約束!ママ達はどう関わっている?

では、子ども同士の不透明な内容の約束事にママ達はどう関わっているのでしょうか。

小学校低学年の子どもを持つママ達に聞いてみました。

内容が不透明でも、子ども同士の約束通り一緒に付き合う

『「お友達と遊ぶ約束をした」とテンション高く学校から帰宅する息子に、約束の内容がよく分からなくても、約束したと言っている場所や時間に一緒に付き合っています』

と話すのは、小学校1年生の男の子のママであるSさん。

約束した時間に約束した場所で会えなかったことが数回ありましたが、なぜ会えなかったのかを息子に考えさせる良い機会だと捉えているそうです。

失敗は成功のもとと言いますが、失敗を繰り返す中で学び考え、いつかは自分の力でちゃんとした約束ができるよう見守っているとSさんは言います。

子どもの話をじっくり聞き、どうしても分からないところだけ相手方に連絡をとる

『子どもから約束事の内容を聞いていると、約束事のポイントがつかめておらずイライラしてしまいますが、一生懸命伝えようとしてくる子どもの話を、まずはじっくり聞くようにしています』

と話すのは、小学校1年生の男の子のママであるFさん。

よく聞いてみると、「○○君と遊ぶ約束をした」ということばかりが先走り、場所や時間、何をして遊ぶのかが抜けている場合がほとんどだと言います。

何をして遊ぶのかについては、とりあえず約束した場所でお友達と会うことさえ出来れば何とかなるものですが、場所や時間だけははっきりしないと一緒に遊ぶことができません。

子どもの話から場所や時間が分かればその場所まで一緒について行きますが、どうしても分からない場合は、約束した相手方のママに連絡を取り、聞くようにしていますとFさん。

しかしそれで終わらせてはいけません。あとからちゃんと子どもには今回の約束で足りなかったことを伝え、次回の約束に活かしてもらうとFさんは言います。

不足する内容は子どもに電話を掛けさせ、聞かせている

『約束事で不足する内容については、相手方に自分で電話をさせ、聞かせるようにしています』

と話すのは、小学校2年生の男の子のママであるHさん。

「いつ、どこで、誰と、何をして遊ぶ」の内容の中で不足している内容は何なのかを子どもに考えさせ、不足している情報は自分で電話して聞かせるようにしていると言います。

学校であれ電話であれ、子ども同士の会話も手段が違うだけですから、もちろんその会話は隣でじっくり聞くようにし、不明だった内容がちゃんと聞き出せるよう誘導しながら話をさせているそうです。

そのようなことを繰り返しているうちに、最近では電話をしなくてもちゃんと学校でポイントをついた約束ができるようになってきたとHさんは言います。

「約束事カード」を作って持たせている

『うちの子は何度言っても何かが抜けた約束をしてくるので、約束事に必要な事項を書いた「約束事カード」を持たせています』

と話すのは、小学校2年生の男の子のママであるWさん。

Wさんはお仕事をしていて忙しいため、子ども同士の約束事になかなか付き合えないことから、お友達と約束をする時はカードに書いてきてもらい、その内容を伝えてもらっているそうです。

カードに沿った内容で約束をしてきてもらえれば、会えなかったり遊べなかったりすることはなく、滅多に失敗もないそうですが、失敗をさせないことが教育的にどうなのか悩みましたとWさんは言います。

しかし子どもから話を聞いてみると、この「約束事カード」がクラスでブームになったそうで、お友達の誰もが約束をする時に使うようになったそうです。

そのブームは既に過ぎているようですが、ママ友からはあのカードのお陰で子ども達がスムーズに約束できるようになったと感謝されたこともあることから、結果的に良かったのだと思っていますとWさん。

最近では約束事カードを使わなくてもきちんと約束ができるようになってきたため、あのカードは約束をする上での土台になったのではないでしょうか、とWさんは言います。

まとめ

子どもの成長にとって子ども同士の約束は必要なことです。頭ごなしに阻止してしまうことは子どもの成長を止めてしまうことにもなりますから控えたいものです。

だからと言って子どもがやること全てにおいて親が口を挟まず自由にやらせてしまっては、逆に子どもを混乱させ、場合によっては子どもの安全が守れないこともあります。

ですから、小学校低学年のうちは親が十分に関わってあげる必要があると言えますね。

子どもは親が思っている以上に、自分で考え学ぶ力を持っているものです。ですから、焦らず段階を踏みながら「自分が約束したことは自分で責任をとる」ということに子どもが慣れていけるよう親としてサポートしていきましょう。

お友達との約束を通じて成長していく子ども達と、それを支えるママ達の明るい未来を応援しております。