電子レンジで作ったオニオンソースを添えて/調理=村田裕子 撮影=榎本 修

写真拡大

ほかにも「牛肉」を使ったレシピをチェック!

ハロウィン目前の日曜日。盛り上がった気分で夕飯もちょっとゴージャスに楽しみませんか。フライパンで作るローストビーフなら、リッチでボリューミーなおかずが簡単にできちゃいます。

味の決め手のオニオンソースは、電子レンジを使うのでこれまた簡単。ステーキ用肉1枚でOKというのもうれしいところ。ただし、厚さは3cmほどないとツライので、その点だけご注意を。

 

■ 【フライパンローストビーフ】

<材料・2人分>

牛ステーキ用肉(約3cm厚さ)1枚(約300g)、長いも6cm(約120g)、クレソン適宜、オニオンソース(玉ねぎの薄切り1/2個分、赤ワイン大さじ1、しょうゆ・みりん・バター各大さじ1/2、塩・こしょう各適宜)、塩、こしょう、オリーブ油、バター

<作り方>

1. 牛肉は冷蔵庫から出して室温にもどしておく。長いもは1cm厚さの輪切りにする。耐熱ボウルにオニオンソースの玉ねぎ、ワイン、しょうゆ、みりんを合わせ、バターを手でちぎってところどころにのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約3分加熱する。ラップをはずして混ぜ、ラップなしでさらに約5分加熱し、塩、こしょうで調味する。

2. 牛肉の両面に塩小さじ1/2、こしょうを多めにふる。フライパンにオリーブ油大さじ1/2を強火で熱し、牛肉、長いもを並べ入れ、約2分焼く。焼き色がついたら上下を返し、牛肉の上にバター大さじ1/2をのせて溶かしながらさらに約2分、色よく焼く。長いもは器に盛る。

3. 牛肉はアルミホイルに包んで4〜5分おき、1cm厚さのそぎ切りにする。2の器に盛り合わせる。クレソンを添えて、オニオンソースをかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分417kcal、塩分2.9g、調理時間25分)