【ライブレポート】LM.Cツアーファイナル「11年目の本気ってヤツをビシッと見せます!」

写真拡大

LM.Cが10月24日に赤坂BLITZにて9月からスタートした〈TOUR 2017「The Never-ending Veda」〉のツアーファイナル「The VEDA -GRAND FINALE-」公演を開催した。LM.C史上、最もロック色が強くエキゾティックな最新アルバム『VEDA』(2016年12月)を引っさげて彼らが全国ツアーを廻るのは春に続いて2回目となる。
 アルバムの制作に着手したのが2015年の春ということを考えると約2年半の時間をかけて楽曲たちを進化、熟成させてきたわけで、じっくり作品に向かい合い続けてきたLM.Cらしい。

アルバムのアートワークに使われた曼荼羅がバックドロップとして掲げられたステージには照明に照らされたミラーボールの光がキラキラと赤く反射し、バックに流れているのは「The BUDDHA」のオリエンタルなイントロダクション。ムスクの匂いがしてきそうな空間に大歓声の中、LM.Cは登場した。

mayaが左手を高く掲げ「始めよう」と合図を送ってのオープニングナンバーは“枯れてゆく衝動に火を点けるのさ”と歌うLM.Cの歴史の中でも重要なアッパーチューン「LET ME’ CRAZY!!」。ハンドクラップで盛り上がる中、哀愁を帯びたメロディと疾走感のあるサウンドがクロスする「レインメーカー」が勢いと切迫感を増して響いてきた。

「ツアーファイナルです! 楽しむ準備はできてるか!? 俺たちを楽しませる準備はできてるか!? 最初からぶっ飛ぼうぜ!」_maya

楽しませるではなく「自分たちを楽しませられるのか?」という煽りからしてLM.Cらしく、初期からのライブの定番曲であり、タイトル通りメタリックで痛快な「METALLY」ではAijiのハードエッジなギターが炸裂し、mayaがアドリブで歌詞を変えて“転がせ赤坂”と歌い、間奏ではmayaがペットボトルの水をAijiに手渡し、一口飲んでフロアーに撒くと大歓声。たたみかけるように最新アルバム『VEDA』から“命短し悟りを掴み取れ”とメッセージする「CHAKRA」が投下された。数え切れない拳が突き上げられる景色の中、mayaが黒いタンバリンを叩きながら歌ったのはLM.C王道のポジティブロックチューン「DOUBLE DRAGON」。前半戦ではスピード感のあるライブ運びに惹きつけられたが、2度のツアーを経た彼らはまだまだこんなものじゃなかった。

「遊びましょう! ぶっ飛びましょう! 俺たち的に“このライブ、キテたな。

この瞬間、キテたな“みたいなツアーだったので、今日は名場面の連続にしたくありませんか? 次の次元に行こうぜ! やれるか!? 過去と未来の俺たちに宣戦布告!」_maya

そんなmayaに負けじとHiコールに沸くフロアーにアルバム『VEDA』の中で最も骨太なロックナンバーがたて続けに投下された。Aijiのファンク色の強いギターリフとバトルモード全開のmayaのボーカルの迫力に持っていかれた「Fight Club」、「デカダンに行こうぜ!」と叫んだ毒も華もあるロックンロール「阿修羅」。クラシックなロックの魅力とLM.C流のポップなセンスをかけあわせた「GaMuShaRa」ではAijiがブルージーなギターソロを奏で、mayaがロックスター然としたオーラで見る者を釘付けにする。春のツアーとは比べものにならない説得力で鳴らされるアルバムの楽曲たちに新しいLM.Cの誕生すら見たような気がした。

次の瞬間、ハンパない熱量をクールダウンさせるかのようにステージに薄い幕がかかり、沙幕に映し出された光のマジックが都市の夜を泳ぐイルミネーションのようだった切なくも美しいバラード「Phobia」が披露されるとライブのムードは一変した。Aijiのギターがほろ苦く響く「Kiss me?」で深くロマンティシズム溢れる世界へと引き込まれ、『VEDA』の世界の動と静の世界を思う存分堪能できた中盤のセクションはLM.Cのライブを幾度も彩ってきた名曲「僕らの未来。」で締められ、みんなの歌う声が響きわたった。