『写真:AFLO』

問題

 あるスマホメーカーが新しい端末開発の参考にするため、20代女性に向け大々的なマーケティング・リサーチを行った。このデータの集計・分析を手がけたA氏とB氏は、20代女性の平均的な趣向を明らかにした上で、さらに対象者の家族構成に着目した以下のような分析結果を別々に出した。

→A氏「長女はスマホを3年で買い換える傾向がある」

→B氏「三女はスマホを毎年最新のタイプに買い換える傾向がある」

 さて、いったいどちらの分析が役に立つと考えられるだろうか?

解答 B氏の分析

 現在の若者の世代は長男・長女だらけなので、長女の傾向を分析しても世代全体の傾向とさほど変わらないと考えられます。これに対し、三女の傾向の分析は少数派に対する「ニッチ」な傾向分析として意味があるので、より役に立つと考えられます。