北九州、上海上港からレンタル加入のMF孫峻崗が退団「この経験を中国で活かす」

写真拡大

 ギラヴァンツ北九州は29日、上海上港(中国)より期限付き移籍加入していたMF孫峻崗が北九州を退団し、帰国することになったと発表した。

 孫峻崗の期限付き移籍期間は2017年3月21日から2017年12月31日までとなっていたが、上海上港の都合により2017年10月31日をもって期限付き移籍契約期間を終了することとなった。同選手はここまで北九州での公式戦出場はない。

 孫峻崗は北九州のクラブ公式HP上にコメントを掲載。ファン・サポーターへの感謝を語っている。

「皆様、こんにちは。孫峻崗です。今年の3月から今まで私を支え、励まして頂き誠にありがとうございました。ギラヴァンツ北九州での8ヶ月間は貴重な経験となり、サッカーだけでなく、日本の文化など多くの事を学びました。この経験で学んだ事を中国で活かせるようにこれからも頑張っていきます。最後に、私を迎え入れ沢山の勉強をさせて頂いたギラヴァンツ北九州の関係者・チームメイト・スタッフに感謝申し上げます。また、短い期間ではありましたが多くの応援・支援を頂いたサポーターの皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました」