「LINEの返信がこない男性」へのアプローチ法&注意点

写真拡大

LINEを送っても、ノリが悪くてポンポン返って来ない。やっと返信が来たと思えばひとこと。

どんなに忙しくても「会いたい!」と思わせる彼女の特徴3つ

返信に一週間も間が空く。既読スルー。あまりにも反応が薄すぎる……。

好きになってしまった彼だけど、こんな反応の悪い相手、どうやってアプローチしていけばいいの?
今までの男性は、LINEのラリーができていたからうまく落とせた。でも今回はどうしよう……と悩んでしまいますね。

今回は、LINEの返信がままならない男性とはどんなタイプなのか、どうやって落とせばいいのか考えてみたいと思います。

彼のLINEの“たまの反応”はいい?悪い?

ものすごくノリがいい=いい反応ではありません。

いたって普通のテンション=いい反応 です。

とぎれとぎれでも、週に数回やり取りがあれば普通です。レスポンスがいい、テンションの上がっているLINEに慣れているとわからなくなりますが、これが普通であり、“いい反応”なのです。

オウム返し・ひとこと返信・スルーの場合

「今日、〇〇に行ったの」「行ったんだ」のようなオウム返しの返信の場合は、興味はないけれど返事はしている。これは、話を聞いてもらっている状態なので、相手の話題を聞き出すようにします。「行ったことある?」のように疑問形で聞いてみます。

ひとこと返信は一般的。とくに悪くはなく、単に面倒なだけでしょう。

スルーは、返信がおっくうなのと、考えているうちにわからなくなってそのまま……という、単純な理由だったりします。

会ったときの反応はどう?

LINEは遅くても返事が来る。会うと楽しく過ごせる。その場合は脈アリです。彼はこちらに合わせ楽しく振舞ってくれる、空気の読める平和主義、トラブル回避能力の高い人です。

脈があるので楽しくしてくれているのですが、LINEはあまりしたくないと思っているかもしれません。

ですから返信の遅さを気にせず、彼よりも遅い時間の感覚を持つようにしましょう。

本物の“連絡不精”なのか確認する方法

男女問わず連絡不精なのか、女性だけに連絡不精の草食系か、多忙なのか、彼の本当の理由を知ること。それは、会話の端々でわかります。

ほとんどの人は、LINEがどうでもいい内容だったり答えづらい内容だったりすると、「返さなくていいか」となります。

でも、明快なLINEを送っているのに返事がままならないのなら、会ったときに「忙しいのかどうか」を聞いてみましょう。くれぐれも「なんでLINEを返してくれないの?」とストレートに聞かないこと。

どうアプローチしたらいい?

当然、LINEでの駆け引きは使えません。彼から積極的に誘って来ないのに、何度もお誘いをすると罪悪感やわずらわしさで、さらにLINEが来なくなります。

相手に誘わせるように、たまに楽しいLINEを送るのがベスト。でも彼女でもないのだから、返事は来ない前提で。そして連絡が来るまでの間隔が、彼の心地よさだと理解します。

楽しいLINEの中で一回だけ誘い、断られたら素直に引っ込む。その後の誘いはまた一か月後に。

彼から改めて仕切り直しの誘いがないのなら、「友人、知人でじゅうぶん」な距離なのでしょう。

あなたのことがイヤならとっくにLINEは終わっているはず。このタイプはめんどくさがりの場合が多く、誘われるのを待っているかもしれません。

LINEで気持ちをうかがうことができないため、会って様子を見るしかありません。

遊びを友情の雰囲気で誘う二人で会うことを急がないすぐに付き合うことを急がない長い友達になるつもりで

以上を意識して行動するようにしましょう。

ここに注意!

反応の悪い男性には、決してLINEで告白したり意味深なLINEを送ったりしないこと。面倒、困った、LINEでそういう話はしたくない……などいろいろな感情が混じるので、まず返事は返ってきません。

アプローチや告白する場合は“直接会って”しましょう。気をつけてくださいね。