コストコのガスステーションを利用したことはありますか?

現在GSが併設されている倉庫店は全国に10ヵ所。利用するには有料のコストコ会員になる必要はありますが、ガソリン価格が安定して安く、利用するとコストコショッピングがお得になるクーポンがもらえたりもするんです。

もしお近くにあるなら、一度は行ってみるべし! 利用にあたって知っておくべきことをまとめました。

※本企画で紹介している内容は各倉庫店によって一部が異なる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

ガスステーション併設のコストコは全国に10店舗(10月27日時点)

コストコは現在、全国に26店舗ありますが、そのなかでガスステーションが併設されているのは、以下の10店舗です(2017年10月27日時点)。

ガスステーション併設店一覧かみのやま倉庫店(山形県)富谷倉庫店(宮城県)つくば倉庫店(茨城県)射水倉庫店(富山県)千葉ニュータウン倉庫店(千葉県)浜松倉庫店(静岡県)中部空港倉庫店(愛知県)岐阜羽島倉庫店(岐阜県)和泉倉庫店(大阪府)北九州倉庫店(福岡県)

営業時間は以下のとおり。

1月1日を除き年中無休営業時間は午前7:30 〜 午後8:30(以下の例外を除く)つくば … 午前7:00 〜 午後8:30中部空港・射水 … 午前8:30 〜 午後8:30

ガソリン価格は?

▲上記価格は2017年9月29日の千葉ニュータウン店のものです。

サンプルで確認したコストコのガソリン価格は、レギュラーが116円/1L。ほぼ同日の全国平均価格は132.3円(資源エネルギー庁調べ)なので、およそ10%ほど安い価格ですね。ガソリンスタンド激戦区になると、コストコ価格とさほど差がないケースも少なくありませんが、全体としてはコストコのガソリンは安いといえるでしょう。

ガスステーションの利用条件

コストコのガスステーションを利用するには、以下の条件があります。

コストコ会員限定

基本的には、コストコ会員限定のサービスとなります(一般向けの年会費は税込4,752円)。ただし、非会員でも、コストコのプリペイドカードを所持していれば、ガスステーションの利用は可能です。

支払いは現金不可

コストコのガスステーションはセルフ方式。支払いに現金は使用できません。コストコ指定のクレジットカードか、コストコのプリペイドカードが必要になります。

コストコ指定のクレジットカードは、2017年10月時点では以下の2種類。ただし、2018年2月1日以降は、コストコで使用できるクレジットカードはマスターカードのみになります。

アメリカン・エキスプレス・カードコストコオリコマスターカード

上記のカードを持っていない場合は、コストコのプリペイドカードを使用します。会員であれば、ガスステーション内で専用プリペイドカード(5,000円/10,000円)を現金購入することが可能です。

取扱油種

ガソリン(レギュラー/ハイオク)、軽油、灯油となります。

コストコのガスステーションにおける給油の手順

コストコのガスステーションはセルフ方式。タッチパネルの指示に従って操作していきます。使い方がわからない場合は、待機している係員が声をかけてくれますのでご安心を。

コストコのガスステーションは基本的に会員専用。利用の際には会員カードが用意しておきましょう。

なお、非会員でもプリペイドカードがあれば利用可能ですが、プリペイドカードを購入・チャージできるのは会員のみです。なので、非会員のまま定期的に利用するのは、かなり厳しいかもしれません。

支払いに現金は使えません。決済手段はコストコ指定のクレジットカードか、プリペイドカードのみ。認証されたら、油種と給油量を選択します。

あとは自分で給油ホースを手に取り、クルマの給油口にノズルを差し込んで待つだけ。給油が終わるとレシートが出てくるので、忘れず回収しましょう。

給油すると割引クーポンがもらえる!

レシートと一緒にでてくる「ガスステーション限定クーポン」も、忘れずに回収すること! 店舗の方でそのまま使えますよ。上記写真では『辛子明太子(切子込)』(税込1,580円)の200円引きクーポンとなっていますが、内容はだいたい1ヵ月ごとに更新されます。

というわけで、コストコのガスステーションを使い続ければ、5,000円弱の年会費も数ヵ月で元がとれてしまうこと間違いなし! お近くにあるなら、ぜひ利用してみてください。

<参考リンク>
・コストコ|ガスステーション