画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エプソンが継承した時計ブランド「オリエント」から、スコットランドの伝統的なタータンチェック「ブラックウォッチ」をアレンジした自動巻き(手巻き付き)機械式時計、「オリエントスター モダンスケルトン」(2モデル)、「オリエントスター セミスケルトン」(1モデル)が11月に発売される。

オリエントスター モダンスケルトンのラインナップ(税別価格)は、「RK-DK0001L」(80,000円)、「RK-DK0002L」(78,000円)の2モデル。

RK-DK0001Lは、国内限定1,000本、世界限定2,000本。スコティッシュグリーンとネイビーのフェイスで、ジャケットの金ボタンをイメージし、ゴールドの差し色で華やかさ演出している。バンドはステンレススチール。

RK-DK0002Lは、国内限定800本、世界限定2,000本となる。ディープグリーンとロイヤルネイビーのフェイスで、インデックスと時分針はピンクゴールド。秒針とパワーリザーブ針には、赤の差し色を用いてアクセントとした。バンドは皮革。

共通の仕様として、ケース素材がステンレススチール、ケースサイズが縦49×横41×厚さ12.4mm、風防がサファイアガラス、裏面がクリスタルガラスのシースルーバック、防水性能が10気圧、耐磁性能が耐磁一種、パワーリザーブが40時間以上。

オリエントスター セミスケルトンのラインナップ(税別価格)は、「RK-DA0001L」(70,000円)の1モデルで、国内限定500本、世界限定1,000本となる。上記のRK-DK0001Lと同様に、スコティッシュグリーンとネイビーのフェイス、ゴールドの差し色を採用した。ケース素材はステンレススチール、バンドは皮革、ケースサイズは縦46×横39×厚さ11.9mmとなる。そのほかの主な仕様は、RK-DK0001L、RK-DK0002Lと共通。