白熱のJ1「ラスト4」 “2差”で優勝を争う鹿島と川崎はアウェー戦 18位新潟は今節にも降格決定

写真拡大

鹿島、川崎とも天皇杯敗戦から中3日で敵地に乗り込む

 J1リーグは29日に行われる第31節で残り4節の戦いとなるが、優勝争い、残留争いとも対象となるチームが絞られてきている。

 まずは今節の対戦カードは以下の通りだ。

新潟 vs 鳥栖(14:00/デンカS)

磐田 vs 横浜FM(15:00/エコパ)

柏 vs 川崎(16:00/柏)

甲府 vs 神戸(16:00/中銀スタ)

G大阪 vs 仙台(16:00/吹田S)

C大阪 vs 大宮(16:00/金鳥スタ)

広島 vs 浦和(16:00/Eスタ)

札幌 vs 鹿島(16:00/札幌ド)

FC東京 vs 清水(17:00/味スタ)

 優勝争いは、鹿島アントラーズ(勝ち点64)と川崎フロンターレ(同62)の2チームに絞られた感がある。3位の横浜F・マリノス(同55)は鹿島から9ポイント差と、数字上は可能性を残しているものの、実質的にマッチレースと言える局面に突入した。

 まず首位の鹿島は今節、敵地に乗り込んでコンサドーレ札幌(同34)と対戦する。札幌は前節の勝利で降格圏との差を7ポイントまで広げ、残留へ大きく前進したばかり。鹿島は水曜日に天皇杯でヴィッセル神戸と戦い、PK戦までもつれ込んだ末の敗戦から中3日での札幌行きという日程が、最大の敵になりそうだ。

 2位の川崎も敵地で、5位の柏レイソル(同54)と対戦する。両者は水曜日の天皇杯でも対戦し、そこでは柏が1-0で勝利した。川崎にとってはリベンジマッチになるが、柏から見れば川崎対策に手応えを得た直後の再戦となる。逆転優勝を狙う川崎にとっては、この難敵を乗り越えることができるかどうかが、ラスト3節の状況を大きく変えるポイントになりそうだ。

新潟は勝利し甲府の敗戦を願うしかない状況

 一方、残留争いに目を向けると、14位の清水エスパルス(同30)から17位の大宮アルディージャ(同24)までの争いが熾烈になっている。

 最下位のアルビレックス新潟(同16)は、15位ヴァンフォーレ甲府(同28)との差が残り4試合で12ポイント差だ。すでに最高でも勝ち点で並んで得失点差で逆転するという可能性しかないため、今節では新潟の勝利と甲府の敗戦の組み合わせにならない限り、新潟の降格が決まる。その新潟は、わずかな望みをかけてホームでサガン鳥栖(同44)と対戦し、甲府はホームでヴィッセル神戸(同41)を迎え撃つ。

 17位の大宮アルディージャ(同24)も、降格圏脱出には勝ち点4差をひっくり返す必要があり、残り試合があるうちに勝利を得て、その差を詰めておきたいところだが、今節は水曜日の天皇杯に続いて敵地で来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権を争っている4位セレッソ大阪(同54)と対戦する厳しい日程だ。3試合連続の引き分けと粘り強さを見せている大宮だが、なんとか勝ち切る試合をしたいところだ。

 16位サンフレッチェ広島(同27)は、浦和レッズ(同46)とホームで対戦。浦和には元広島の選手も多く在籍し、彼らには複雑な心境で迎えるゲームになりそうだ。前回対戦は4-3で浦和の勝利と点の取り合いになったが、広島は撃ち合いに持ち込まれるとリーグ最多63得点の浦和とでは分が悪い。1点を争うゲームに持ち込んだ方が勝機は見えそうだ。

 直近5試合で勝利がなく、残留争いに本格的に巻き込まれようとしている清水は敵地でFC東京(同38)と対戦。4試合勝利がないFC東京を相手に勝ち点を伸ばすことで、降格圏のチームとの勝ち点差をキープしたいところだ。

3得点差で日本人ストライカーが競り合う

 そして、得点王争いは浦和のFW興梠慎三が前節の1得点により20得点で単独首位を守り、C大阪のFW杉本健勇(同19)、川崎のFW小林悠(同18)と続く。今節で興梠と杉本はともに残留争いの相手との対戦となり、ゴール前で最後の最後まで諦めない相手をいかに外し切れるかが得点のカギになりそうだ。一方の小林は、難敵である柏との対戦でゴールすることで、得点王と優勝争いに向けたチームに勢いをつけるエースの仕事をしたい試合になる。

 29日は台風22号の接近もあり、地域と開始時間の関係で試合中に風が強まる会場もありそうだ。そうした天候という要素も影響を与える可能性があるものの、シーズンのクライマックスを迎え、熱戦が繰り広げられるのは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】J1第30節「トップ5ゴール」

J1第30節「トップ5ゴール」