サラーPK失敗も後半に3ゴールのリバプールが完勝でリーグ戦4試合ぶり勝利《プレミアリーグ》

写真拡大

▽リバプールは28日、プレミアリーグ第10節でハダースフィールドをアンフィールドに迎え、3-0で完勝した。

▽前節トッテナム戦を守備陣のミスなどで1-4と惨敗し、3試合勝利のない9位リバプール(勝ち点13)は、1週間の調整期間があった中、トッテナム戦のスタメンから3選手を変更。ジャンとコンディション不良で欠場となったコウチーニョ、アップ中に負傷したロブレンに代わってスタリッジ、ミルナー、クラバンがスタメンとなった。

▽前節マンチェスター・ユナイテッドから大金星を奪った11位ハダースフィールド(勝ち点12)に対し、リバプールは3トップに右からサラー、スタリッジ、フィルミノと並べる[4-3-3]を採用した。

▽立ち上がりから押し込んだリバプールは15分にチャンス。ミルナーの右クロスにファーサイドのスタリッジが合わせたが、叩きつけたシュートは枠の上に外れた。

▽その後も攻め立てるリバプールは27分にフィルミノとのパス交換からボックス右に侵入したサラーが枠内シュートを浴びせれば、32分にはボックス左からミルナーが枠内シュートを放ったが、いずれもGKの正面を突いてしまう。

▽それでも41分にPKを獲得する。FKの場面でボックス内のフィルミノがスミスにユニフォームを引っ張られて倒された。しかし、キッカーのサラーが枠の右に蹴ったシュートはGKレッスルにセーブされ、ルーズボールをボレーで狙ったヘンダーソンのシュートは左ポストに嫌われた。

▽PKのチャンスを活かせずにゴールレスで迎えた後半だったが、リバプールは開始5分にゴールを奪いきる。相手DFのヘディングでのクリアが逸れてルーズとなったボールを、ボックス右のスタリッジがボレーでゴール左に流し込んだ。

▽さらに58分、左CKからフィルミノが頭で押し込んで追加点を奪ったリバプールは、その後も攻勢に出ると、サラーが反転から鋭いシュートを、CKからマティプが際どいヘディングシュートをそれぞれ浴びせていった。

▽そして余裕の展開に持ち込んだリバプールは75分にワイナルドゥムがサラーのパスを受けてボックス右からシュートをねじ込みダメ押し。3-0の完勝でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。