色や味はその日の気分でアレンジ。見た目もかわいい「ウェーブトースト」

写真拡大

最近ではトーストを使ったさまざまなアレンジが人気ですが、なかでも話題になっているのが韓国のカフェ発だと言われている「ウェーブトースト」。
まるで波が立っているような独特なデザイン。クリームチーズを使うのが基本のようですが、他の材料を使ったアレンジ方法もさまざま生まれてきています。
秋の味覚もウェーブトーストに

ma ciao!さん(@maciao_ns)がシェアした投稿 - 2017 10月 18 5:18午後 PDT

秋らしい2色のウェーブがとてもかわいいトースト。これは栗のペーストとさつまいものペーストを使用しているとのこと。相性抜群の組みあわせはおいしいこと間違いなし。
こちらを投稿されたインスタグラマーのma ciao! さんは他にも色々なウェーブトーストを考案されています。

ma ciao!さん(@maciao_ns)がシェアした投稿 - 2017 10月 13 2:30午前 PDT

栗×小倉あんのウェーブトースト。
色も落ち着いた組みあわせで大人女子にピッタリ。おもてなしにも使えるトーストです。

ma ciao!さん(@maciao_ns)がシェアした投稿 - 2017 10月 22 4:53午後 PDT

まっしろなウェーブはギリシャヨーグルト。あとは上に好きなフルーツをのせるだけ。ヘルシーでフルーツもまとめて食べられて、朝食におすすめのトーストです。

ma ciao!さん(@maciao_ns)がシェアした投稿 - 2017 10月 23 4:54午後 PDT

1色ですが味は小倉あんとクリームチーズを混ぜたもの。意外と相性がいいそうです。定番のウェーブではなく、お花に見立てた飾りかたがとてもきれいです。
見た目もきれいでおいしそうなウェーブトーストばかりですが、ma ciao! さんに作りかたのポイントを伺ってみました。
「ウェーブはスプーンを使って作るのですが、ポイントはスプーンにつけるときに、スプーンの先端に『まあるく』つけることです。」
まあるくつけたペーストなどをトーストにのせると、ウェーブがきれいにできるそう。覚えておきたいポイントです。
野菜をいれてよりヘルシーに

maaのkitchenさん(@glutton_maa)がシェアした投稿 - 2017 10月 9 2:51午後 PDT

こちらはよりヘルシーなアレンジをしたウェーブトースト。緑とオレンジの部分はアボカドとりんご&ニンジンを取りいれ、クリームチーズの代わりにベースはヨーグルト。トーストと組みあわせたりヨーグルトとあわせたりすると、野菜嫌いな人でも意外と食べられるそうです。
投稿されたglutton_maaさんによると
「本来はクリームチーズをなめらかに練って色素を入れるので少し重くなりがちですが、ヨーグルトを代用することで軽減されます。野菜とフルーツを入れることでよりサッパリと食べることができますよ。」とのこと。
トースト1面にクリームチーズが塗ってあるとこってりしてしまいがちですが、野菜やフルーツを上手に取りいれることでかなり食べやすくなりそうです。見た目も野菜の鮮やかな色が出ていてとてもきれい。
その日の気分や季節にあわせて好きなウェーブをつくるだけ。自分の好きな組みあわせを見つけて、お気に入りのウェーブトーストを見つけてみたいです。