レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 1-0 トッテナム《プレミアリーグ》

写真拡大 (全3枚)

▽プレミアリーグ第10節、マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムが28日にオールド・トラフォードで行われ、1-0でユナイテッドが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

(C)CWS Brains,LTD.
▽マンチェスター・ユナイテッド採点

GK

1 デ・ヘア 5.5

1度、ジョーンズとの接触からファンブル。他は安定で得意のキックからゴールの起点に

DF

3 バイリー 6.5

負傷明けながらソリッドな守備と落ち着いたビルドアップ

12 スモーリング 6.0

的確なカバーリングを続ける

4 フィル・ジョーンズ 6.5

高い集中力で自エリアを破綻させず

MF

25 バレンシア 6.5

ベン・デイビスとのマッチアップで終始主導権を握る

21 エレーラ 5.5

守備の出足鋭いもビルドアップでは後ろ向きなプレーが多く精度ももう一つ

22 ムヒタリアン 5.0

消える時間が長く、相変わらずボールロストも多くブレーキに。後半はやや盛り返した

(→リンガード 5.5)

相手のギャップを狙って流動的な動きでアクセントに

31 マティッチ 6.5

熱量の高いプレッシングと的確なパス捌き

18 A・ヤング 6.5

守備でもオーリエ相手に奮闘し、攻撃にもしっかりと関与

(→ダルミアン -)

FW

19 ラッシュフォード 6.0

積極的な仕掛けと瞬発力を生かして相手の脅威に

(→マルシャル 6.5)

ルカクのフリックから冷静にゴールを記録

9 ルカク 6.0

フィジカルを生かして起点をつくり、右ポスト直撃ヘッド。マルシャル弾をアシスト

監督

モウリーニョ 6.5

3バック、2トップが効果を示し、好内容で勝ち切った

(C)CWS Brains,LTD.
▽トッテナム採点

GK

1 ロリス 5.5

広いエリアをカバー。後半序盤にこぼしたムヒタリアンのシュートは押さえたい

DF

4 アルデルヴァイレルト 6.0

出足鋭い対応。縦パスも効いていた

15 E・ダイアー 5.5

パワーのルカク、スピードのラッシュフォードいずれにも何とか対応したが、失点場面では監視態勢が悪かった

5 ヴェルトンゲン 6.0

力強い守備。攻撃にも絡んだ

MF

24 オーリエ 5.5

高い位置を取って攻撃時にポイントに

17 ムサ・シッソコ 5.0

攻守共に平凡なパフォーマンスだった

(→デンベレ 5.5)

やや試合に入りきれなかった

29 ウィンクス 5.5

落ち着いたパス捌きに加えて自分でもボールを運ぶ

23 エリクセン 5.5

いいときの出来にはなかったが終盤にデレ・アリへのキラーパスが1本

33 B・デイビス 5.5

攻撃面での貢献度がもうひとつも、守備では後半序盤にゴール前でナイスブロック

FW

20 デレ・アリ 5.5

1度決定機も、ケイン不在の中でオフ・ザ・ボールの動きが生ききれず

7 ソン・フンミン 5.0

最前線に入っただけに、もう少し相手最終ラインとの駆け引きが欲しかった

(→ジョレンテ 5.0)

ほとんど何もできなかった

監督

ポチェッティーノ 5.5

ベストメンバーが組めない中、らしさを発揮できず今季2敗目

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

マティッチ(マンチェスター・ユナイテッド)

▽今季のユナイテッドの要がここでも真価を発揮。チームバランスを保って中盤を締めた。

マンチェスター・ユナイテッド 1-0 トッテナム

【マンチェスター・ユナイテッド】

マルシャル(後36)