日本航空(JAL)は、タイ国際航空との共同運航(コードシェア)を、きょう10月28日をもって休止した。

JALは、タイ国際航空が運航する大阪/関西・福岡〜バンコク線の2路線でコードシェアを行っていた。これにより、福岡〜バンコク線ではJAL便名での直行便の利用はできなくなる。バンコク以遠では、バンコクエアウェイズとコードシェアを行っており、タイ国内や東南アジア各地へアクセスすることができる。

タイ国際航空はスターアライアンスに加盟しており、全日空(ANA)とコードシェアも行っている。JALとタイ国際航空とのコードシェア休止で、JALとスターアライアンス加盟航空会社との間のコードシェアはなくなることになる。