「エシレ ソフトクリーム ブール」(税込630円)

写真拡大

 フランス産発酵バター「エシレ」の輸入総代理店を務める片岡物産が、新業態「エシレ シャレット(ECHIRE Charrette)」をギンザ シックス(GINZA SIX)に出店する。期間は11月7日から12月3日まで。
 エシレはフランス・ポワトゥー・シャラント地方で生産されており、1979年にフランスのAOP認定を取得。クリーミーな口あたりと芳醇な香りが特長で、三ツ星シェフや一流パティシエのほか、各国のロイヤルファミリーなどからも愛されている。
 エシレ シャレットではバターのほか、バターを使ったスイーツを提供。焼菓子は全9種類すべてがオリジナル商品で、パイ生地を蝶の形に仕上げた「パピヨン」(972円)や小さなサイズの焼菓子をそろえる。また、特製クリームで表面をボール状に覆った「ブール オ ブール」(2,700円)や、バタークリームを挟んだサブレサンド(3種/各324円)、焦がしバターを練りこんだ「エシレ ソフトクリーム ブール」(630円)、サブレをトッピングした「エシレ ソフトクリーム ブール・サブレ」(680円/すべて税込)などを提供する。