[Gear Maniax #049] ガジェット感満点!SUREFIREの腕時計ライト

写真拡大 (全9枚)

今回はSUREIFREの新商品「2211 SIGNATURE」をご紹介します。リストライトの最新モデルであり、2211 LUMINOXと同様「腕時計」が付いたモデルになります。LUMINOXモデルはルミノックスのブランドもあり高額な製品となりますが、SUREFIREオリジナルのSIGNATUREはそれよりもだいぶ安くなっています。

 

時計部分は別物なので違うのは当たり前ですが、ライト部分のデザインも多少異なります。ベゼルのデザインやボディの材質が違っています。ライトの筐体部はアルミ合金ではなく軽量で丈夫なポリマー樹脂を採用。重厚感あるLUMINOXとはかなり趣きが異なります。また、腕時計のバンドもシリコンゴムバンドではなく、幅24mmナイロン製のNATOバンドになります。材質も含め「ライト」な仕様です。

時計はクオーツで長針と短針のみに蓄光になっており、暗所で仄かに光ります。文字などは光りません。まぁ、普通のアナログ時計かな〜って感じです。当然ですが、ムーブメントをSUREFIREが作っているはずは無いので、どこかのメーカーの物を載せていると思います。発売前にいろいろ噂がありましたが、日本の某メーカーの物であるか否かは外観からは分かりませんでした。

クオーツなので電池交換が可能です。交換方法に関しては輸入元が添付する取り扱い説明書に記載があります。ですが、気密性に関わる部分なので腕に自身がない方は時計屋さんに持ち込んで交換することをおススメします。LUMINOXと違ってメンテナンスの縛りが厳しくないのは実用面を考えるとメリットかな?と思いました。

ライトの充電はマイクロUSBケーブルで行います。ケーブルは付属。リューズの右下にバッテリーインジケーターがあり充電残量が確認できます。また、充電時にスタートモードの切り替えが可能です。

2211はLow→Med→Hiの3段階調光が可能。工場出荷の設定がどのようになっているか不明ですが、これをHi→Med→Lowの順に変更できます。Medスタートはありません。

1. マイクロUSBケーブルを本体のポートに差込み、充電を開始
2. ライトを点灯(Hi or Low)
3. 任意のモードを点灯させた状態で5〜6秒放置
4. その後消灯してケーブルを抜くと放置していた時のモードから点灯を開始

スイッチボタンは左右にあり、どちらも同じ機能です。左右どちらの腕に付けても操作しやすくなっています。2211 LUMINOXとは操作性が異なるようです。両方押すとターボモード作動とかアツくていいんですが、さすがにそういう演出はありませんでした。

やはり普通の腕時計と比べるとだいぶ厚みがあります。実測で約26mm! 正面から見るよりも側面からの方がインパクトがあるように思えます。

肝心のライトですが、MV(マックスビジョン)タイプです。G2Z-MVやE1B-MV、そしてウェポンライトのXH15にも採用されている近接利用で有効な超広角タイプのリフレクターです。中心光のないフラットな配光は、習熟したハンドリングを必要とせず、ライトを向けた方向を一様に照らすことができるものです。

▲MAX300ルーメンのHiモード

2211をはじめとしたMVを搭載したモデルは主に屋内での利用に長けています。もちろん、ルーメン数が上がれば屋外でも効果を発揮しますが、300ルーメンクラスのMV仕様であれば、やはり屋内もしくは10m以内の近接利用が最も相応しいかと思います。

照らされる側からするとMVは非常に眩しく煩わしいものです。狭角で刺す様な閃光とは異なりますが、目をそらしたくなる不快な光りです。

2211シリーズは「ウエアブルライト」(身につけるライト)になります。いつ、どんな時でもSUREFIREを携帯することができるひとつの方法です。携帯電話が普及したことにより腕時計を付ける人さえ以前よりは減りました。私は時計に関する嗜好は全く無いですが、毎日身につけるようにしています。それは便利だからであり、時間を意識して行動することができるからです。人によってはおしゃれやステータスとして時計を身につける方もいらっしゃるかと思いますが、生憎そういうものを持ち合わせておりません。そんな私が見ても、SUREFIREの2211 SIGNATUREはおしゃれな時計ではありません。それに高級感もあるようにも思えません。そういったものを期待する方は少なくともLUMINOXモデルを手にするべきです。

日常使用の便利な灯具としてもおススメしますが、トラブルやアクシデントはいつ何時ふりかかるとも限りません。光で人は傷付けません。ただ、眩しいだけです。彼我ともに無傷であればそれが最良の結果です。咄嗟に起動させることが出来る強力なライトが腕時計に付いたライトだったとすればそれが2211だと言うことです。(アカリセンター価格:4万4712円)

>> 連載[Gear Maniax]

 

(文・写真/アカリセンター・HATTA)

通販サイト・アカリセンターで懐中電灯の専門販売員をしておりますHATTAと申します。世界中の懐中電灯やギア物をお客様に紹介しております。ブログも絶賛更新中!
>> アカリセンター