群馬発4ピースバンド・KAKASHIが初となる全国流通盤ミニアルバム『ONE BY ONE』を2018年1月10日に発売。同作を引っ提げ、リリースツアー『本当の事を歌うツアー』を開催する。28日におこなった、自主企画サーキットイベント『灯火祭 2017』のステージで発表。また、新曲「本当の事」を使用したショートムービーが同日公開された。

 KAKASHIは、堀越颯太(Vo、Gt)、中屋敷智裕(Ba、Cho)、齊藤雅弘(Gt)、関佑介(Dr、Cho)から成る。これまで群馬や都内を拠点に活動し、精力的にデモCDをリリース。今年は同じく群馬出身のLACCO TOWER主催フェス『I ROCKS 2017』や『MURO FES 2017』に出演するなど注目を集める。28日に群馬・高崎で開催した自主企画サーキットイベント『灯火祭 2017』のステージで『ONE BY ONE』のリリースとツアー開催を発表。

 バンド初となる全国流通盤『ONE BY ONE』は、ライブ会場限定CDとして販売されていた代表曲「ドラマチック」や、フリーサンプラーとして配布していたライブアンセム「違うんじゃないか」に、新曲6曲を加えた8曲入りのミニアルバム。奈良・MORGスタジオでおこなわれた合宿レコーディングを経て、全曲新録による音源が完成した。

 バンドはあわせてリリースツアー『本当の事を歌うツアー』を開催。2018年1月21日の東京・SHIBUYA TSUTAYA O-Crest公演を皮切りに、ファイナルとなる5月12日の群馬・高崎clubFLEEZ公演まで、18公演のスケジュールがアナウンスされている。全公演ゲストバンドを迎えた対バン形式で開催。

 さらに、この日はカメラマンの藤川正典氏が手がけた新しいアーティストビジュアルと、小笹竜馬監督が手がけたショートムービーも同時公開。『ONE BY ONE』に収録される新曲「本当の事」を使用した映像には、堀越のポリープ治療による活動休止明け一発目となった、2017年3月31日の東京・SHIBUYA TSUTAYA O-Crest公演の模様が収められている。