岡山DFチャン・ソグォンが右大腿部肉離れで全治2〜4週間

写真拡大

[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は28日、DFチャン・ソグォンが右大腿部肉離れで全治2〜4週間と診断されたことを発表した。クラブによると26日の練習中に負傷したという。

 同選手は韓国の城南FCから完全移籍で今季加入。今月14日のJ2第37節・水戸戦(0-1)でJリーグデビューを果たし、そこからリーグ戦2試合連続で先発出場していたが、無念の戦線離脱となった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ