離島・金門でカジノ設置問う住民投票、反対派圧勝/台湾

写真拡大 (全2枚)

(金門 28日 中央社)離島の金門で28日、カジノ施設の設置の是非を問う住民投票が行われた。開票の結果、反対が2万4368票(約90%)と、賛成の2705票(約10%)を大きく引き離した。投票率は約24%だった。

台湾の離島のうち、馬祖(連江県)で2012年、澎湖では2009年と2016年にも同様の住民投票が実施された。だが、賛成派が唯一勝利した馬祖でも、関連法律の「観光賭場(カジノ)管理条例」が未成立のままであることから、カジノの設置はいまだに実現していない。

(黄慧敏/編集:羅友辰)