プイグとアルトゥーベが二塁上で“競争ダイブ”【写真:Getty Images】

写真拡大

アルトゥーベが逸れた送球捕球から0.5秒でダイビングタッチの美技「なんてプレーだ!」

 米大リーグのワールドシリーズで、安打を処理した左翼から逸れた送球を二塁手が捕球し、打者走者と競争のようになってダイビングが炸裂。間一髪でアウトにした決死のプレーをMLB公式ツイッターが「スロー、タッチ、なんてプレーだ!」と紹介し、反響が広がっている。

 勝利への執念に突き動かされるように、打者走者を目がけて飛び込んだ。決死のプレーで熱狂を呼んだのは、アストロズのホセ・アルトゥーベ二塁手だ。

 27日(日本時間28日)の第3戦ドジャース戦。4-1とリードして迎えた4回1死だった。5番プイグは3球目を引っ張り、三塁線へゴロを放った。これを三塁手ブレグマンがグラブをかすめながら捕球できず、左翼線を破って転がった。しかし、スタジアムはファウルゾーンの客席は途中からライン際にせり出しており、白球はフェンスに当たって早々と跳ね返って止まった。

 左翼手ゴンザレスが捕りに行くのに時間がかかるのを見たプイグは一気に二塁を狙った。ゴンザレスは捕球し、すぐさま二塁へ送球。しかし、送球はやや外野方向に逸れたが、ここで俊敏なプレーを演じたのがアルトゥーベだった。

本拠地は熱狂…自分の位置、走者の状況の的確な判断で生まれた美技

 ワンバウンドの送球を二塁ベースに背中を向けて捕球した「小さな巨人」は、すぐさま反転して頭からベースに突っ込んだ。猛スピードで滑り込んで同じように頭から突っ込んできた俊足プイグと互いにダイビングのような形に。しかし、間一髪で速かったのはアルトゥーベのタッチだった。

 プイグの体にグラブを当て、二塁塁審はアウトをコール。二塁打の窮地を一転してアウトに仕留めたダイビングタッチに本拠地は熱狂に包まれた。

 一連の模様をMLB公式ツイッターは、動画をつけて「スロー、タッチ、なんてプレーだ!」と興奮気味に速報。映像を見ると、アルトゥーベは捕球してからものの0.5秒で反転して飛び込み、プイグにタッチ。自分の位置と打者走者の状況を的確に判断しながら演じた美技にファンから多くの反響を呼んでいた。

 反撃の芽を摘んだファインプレーにより、チームはこの回、無失点。チームも5-3で勝利し、対戦成績を2勝1敗とリードした。強打のアストロズだが、プレーオフは要所で守備の良さが目立つ。好守ががっちりかみ合い、世界一の称号をつかみ取ろうとしている。