※写真はイメージ

写真拡大 (全4枚)

2020年に行われる東京オリンピックを前に、訪日外国人が増えてきています。

さらなる増加を踏まえ、東京メトロでは、現在一部の列車のみで提供している車両内無料Wi-Fiサービスを、2020年夏までに全路線全車両へ導入すると発表しました。

車両内の無料Wi-Fiサービスは、すでに一部に導入されています。

今後2017年10月末からは東西線、11月からは千代田線。2018年度中には、丸ノ内線(新型車両)へ順次導入していきます。

そのほか、有楽町線などの路線も含め、2020年の夏までに東京メトロの全路線全保有車両に導入する予定です。

訪日外国人に向けたサービスではありますが、東京メトロのウェブサイトで利用登録するか、『Japan Connected-free Wi-Fi』のアプリに登録することで、誰でも使うことが可能なようです。

見分けはステッカー

車両内の無料Wi-Fiサービスは、車内に下記のステッカーが貼られている車両にて利用することができます。

一時期は電波の入り難かった地下鉄でも、今後はしっかりと繋がるようになっていくようです。

どこでも使えるようになる一方で、『ながらスマホ』の増加など、利用マナーも再度見直す必要が出てきそうですね。

[文・構成/grape編集部]