美しく澄み切った湖面に、穂高の山々が映し出される/©amana

写真拡大

アウトドアスタイル・クリエイターで自然を楽しむ達人・四角友里(よすみゆり)さんおすすめの絶景山歩きコースを紹介するシリーズ、第2回目は、日本屈指の山岳リゾートとして知られる長野県「上高地」。歩くたびに目に飛び込んでくる絶景の数々が人気の秘密だ。

思わず足を止めたくなる田代橋周辺の紅葉/©amana

そこからシンボル的存在の河童橋や、明神池を巡る散策ルートへ。距離は長いが歩きやすい道が続くので初心者でも安心。

(1)大正池バス停・・・ココから出発。木々が池に立ち枯れる神秘的な光景を満喫してから、散策路を進む。スタート地点の大正池バス停から少し歩くと、大正池と穂高連峰の幻想的な景色がお出迎え。

↓ 徒歩40分

(2)田代橋・・・田代橋から河童橋までは、特に道が整備されて歩きやすい。休憩スポットも充実していて、のんびり散策を楽しむには絶好のコース。黄金色に輝くカラマツを眺めて心を癒やそう。

↓ 徒歩25分

(3)河童橋・・・エメラルドグリーンの梓川にかかる河童橋。往復で梓川の両岸を歩けば、変化を楽しめる。

↓ 徒歩60分

(4)明神橋・・・明神周辺までは樹林帯歩きが続く。鳥の鳴き声に耳を傾けながらゆっくり散策をしよう。近くに「嘉門次小屋」があり、「岩魚の塩焼き」1000円は絶品! 

↓ 徒歩10分

(5)明神池・・・大小ふたつからなる神秘的な明神池。明神岳からの伏流水で、常に透き通っている。ここから河童橋までは梓川右岸を通る。

↓ 徒歩70分

(6)河童橋・・・時間があればウェストン碑まで歩いたり、河童橋周辺ホテルでご褒美ケーキ&休憩を。

↓ 徒歩6分

(7)上高地バスターミナル・・・上高地の玄関口。帰りはバスが込み合うので、始発のここからバスに乗車するとスムーズ。

多くの人が訪れ、徒歩約1時間ごとに宿・飲食・トイレが整備された観光地としての側面は、初心者にも安心。豊かな自然が残る上高地は、壮大な山々の景色、美しい湧き水や野生動物との出会いなど、見どころ満載だ!毎年11月15日には閉山祭も開催予定だが、閉山前にぜひ行ってみよう。「ラクちん!東京から行く 絶景山歩き&ハイキング」ではこのほかにも、思い立ったらすぐ行ける絶景コースを紹介しているので要チェック!

■長野・上高地絶景コース/大正池バス停→上高地バスターミナル/歩行時間:約3時間30分/歩行距離:約11km