出川哲朗、文春記者を質問攻め!日テレで初冠番組

写真拡大

日本テレビで初となる出川哲朗の冠番組『出川哲朗のアイ・アム・スタディー』が、10月29日(日)16時から放送される。

32年間お笑いのことだけを考えてきた出川が、2017年話題になったトピックスや新常識について、日本トップクラスの専門家から“出川にもわかる”レクチャーを受ける同番組。スタジオセットには気になる50個のワードがズラリと並んでおり、その中に「カフェラテ」というワードを見つけた出川は「いやいやいや」と呆れ顔を浮かべる。堂々とカフェラテに関する「間違ったうんちく」を発表し、前途多難を予感させる展開に……。

「1時間後に病院行き!? 危険生物ロケ界のレジェンド、出川が史上最悪最強外来種、ヒアリと戦ったら?」では、今世間を騒がせている「ヒアリ」を取り上げる。出川が思っている以上に危険な“史上最悪最強外来種”だということが判明し、「最悪ですね!」とビビりまくるも、興味本位で「戦ってみたい」と口にする出川。専門家は「1時間後に病院にいることになる」と通告するが、さまざまな危険生物と戦ってきた出川に火を付けることに。「出川 VS ヒアリ」のシミュレーションで、非常に攻撃力が高く死に至ることもあるヒアリの実態を知った出川は、どんな反応を示すのか。

また、話題の「文春砲」について、元「週刊文春」の記者が登場すると、仲間がたくさん文春砲をくらっている出川は「仲よくやりましょうよ」「人としてかわいそうってならないんですか」「(心の)痛みはないですか?」と質問攻め。ある芸人の例を出して情に訴えるが、自分の話になると及び腰に。「週刊文春」が自分のスクープを握っているのか聞いてみるが……。

そして、IT分野「Wi-Fi」については、意外にもまっとうな説明を披露する出川。しかし専門家との会話でその中身が実は薄っぺらいことが露わになる。「パケ放題」を何度も「ポケ放題」と言い、「電波」がわからなくなり、どんどん混乱していく。続く自然科学分野「ブラックホール」ではもうお手上げ状態に。専門家から「太陽をご存知ですね?」と言われ、「さすがに」と一瞬気分を害すも、その後は何を説明されてもさっぱりわからない。「もう1回お願いします」「全然わかんない」と連発する出川に、専門家は数式まで持ち出して状況は一層大混乱。レクチャー後には、「ブラックホール」を説明することができるようになるのか。

このほか「出川、iPS細胞に驚愕!」「出川と田原総一朗がテレビのコンプライアンス問題についてリアルガチトークバトル!」「出川、鈴木奈々に教える」と題したコーナーが展開される。