ジャーナル スタンダード×ジープ - セットアップやスウェット、家具などのコレクションを展開

写真拡大

ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)と、ジープ ラングラーがコラボレーション。ジープをインスピレーションとしたコレクションを、ジャーナル スタンダード全店、ジャーナル スタンダード ファニチャー吉祥寺店・みなとみらい店で発売する。

機能性と東京の感性を融合、スタンダードアイテム

ジープの持つ機能性などジープとの暮らしをイメージしたアイテムを厳選したコレクションを展開する。ブランドのルーツであるアメリカンテイストをベースに、4wayセットアップなどのイージーケア素材や、スタンスミス(Stan Smith)のシューズ、チャンピオン(Champion)とJS Rochesterのコラボレーションスウェットなどを用意。

アイルランド発祥のバックパックブランド・バッハ(BACH)とジャーナル スタンダードが共同制作するアパレルライン「BACH garments」の2017年秋冬シリーズも展開。

メインの素材に「PACKIT by SOLOTEX」 を採用し、軽量、ポケッタブル、しわになりにくいのでトラベルシーンにもぴったりなアイテムだ。バッハの得意とするバックパック制作の機能性を衣服に落とし込んでおり、ジャケット、パンツともに大容量のポケットを搭載している。

車内でも活躍、暮らしの道具とファブリック

ジャーナル スタンダード ファニチャーからは、車内と室内、双方で使えるアイテムを集めた。

洋服と同じ生地を使ってつくられたクッションカバーは、ワークやミリタリーデザインをベースに、車や屋外の使用でも耐えうる播州織の生地が採用されている。他にもストールやラグ、ツールボックスやコンテナなども展開する。

テキサスBBQをイメージしたバーガーも登場

J.S.バーガーズカフェ(J.S. BURGERS CAFE)では「バーベキュー ビーフバーガー」が新登場する。牛バラ肉の希少部位ブリスケットスカートにテキサス風の自家製BBQスパイスを揉み込んで焼き上げたものを大胆に乱切り、バンズにサンドした食べ応えのあるバーガーだ。

世界に1台、スペシャルなジープが誕生

さらに、世界に1台だけのスペシャルエディションのジープ“TOKYO RATED”が誕生。ジープの「ジープ ラングラー アンリミテッド」モデルカーに、ジャーナル スタンダードがカスタマイズ。このカスタマイズカーに、3種類のギアを搭載して、当選者1名へプレゼントする企画も開催している。

詳細

Jeep Wrangler × JOURNAL STANDARD “TOKYO RATED” SPECIAL PRODUCT
<アイテム>
・バッグパック/BACH 14,000円
・ジャケット/JOURNAL STANDARD 14,000円
・パンツ/JOURNAL STANDARD 10,000円
・シューズ/STAN SMITH 14,000円
・スウェット/Champion × JS Rochester 9,000円
・WIZARDジャケット DC60 46,000円+税
・GRIDLOCKパンツ DC60 25,000円+税
・GRIDLOCKプルオーバー DC60 33,000円+税
・スタッキングコンテナ/Fami Storage Systems 880円
・ツールボックス/TRUSCO 2,500円
展開店舗:ジャーナル スタンダード全店、ジャーナル スタンダード ファニチャー吉祥寺店・みなとみらい店

<バーベキュー ビーフバーガー>
価格:レギュラー 1,380円、ラージ 1,630円
展開予定:11月末まで


[写真付きで読む]ジャーナル スタンダード×ジープ - セットアップやスウェット、家具などのコレクションを展開

外部サイト

  • 「ジャーナル スタンダード スクエア」神宮前に誕生 - インテリアに特化した和洋折衷なギフトショップ
  • ジャーナル スタンダード ファニチャー、白がテーマの期間限定ストアを渋谷に - 北欧ヴィンテージも
  • 関西初「エトセトラ ジャーナル スタンダード」大阪・梅田に、J.S. バーガーズカフェも併設