表現者として、“元コールガール”という新たな領域に挑む松雪泰子/ヘアメイク:石田絵里子(air notes)、スタイリスト:安野ともこ(コラソン)、撮影:舞山秀一

写真拡大

11月4日(土)〜11月19日(日)に東京・天王洲の銀河劇場を皮切りに、松雪泰子主演の舞台「この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」を上演する。

【写真を見る】松雪は、元コールガールの魅力を全身で大胆表現!/ヘアメイク:石田絵里子(air notes)、スタイリスト:安野ともこ(コラソン)、撮影:舞山秀一

本作はカナダ・ケベック州生まれの女性作家のネリー・アルカンの生涯にフォーカスした企画の一環で、ネリーにまつわる本・映画・舞台を3カ月連続で展開。9月にはネリーのデビュー作となった「ピュタン」(パルコ出版)を発売、10月には映画「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」を公開、そしてこの11月にはカナダ人のマリー・ブラッサール演出でネリーの残した4編の作品をコラージュし舞台化。

公演を間近に控えた松雪にインタビューを敢行。作品の魅力や見どころ、ネリーの小説に対する印象などを聞いた。

■ 元コールガールが生み出す言葉は、すごく美しくて強烈

本作に出演することになりネリーのことを知ったという松雪は、「(台本を)読ませていただいて、すごく詩的な言葉が並んでいる戯曲だなと思いました。彼女の言葉はすごく美しく強烈で、『なぜ、この言葉を(選んで)書いたんだろう?』というところから、興味をそそられました。それから、マリーさんとのコラボレーションも大きな魅力の一つでしたし、日本人の俳優が演じて『どういったものが生まれるのかな?』というのも興味深かったですね。ぜひ、演じてみたいなと思いました」と明かす。

高級コールガールだったネリーは自身の過去をモデルにした小説で2001年にデビューするが、2009年に自ら命を絶った。「ネリーは自分の中にあらゆる思考が氾濫して、とりとめもなくいろいろ考えが浮かんできてまとまらない場合が、よくあるんです。その場合、脳内で起きていることを鮮明に言葉として落とし込んでいて、その表現方法がすごいなと感じました。そういう意味では、全て言葉にしてしまうと残酷だなと思うことも鮮明に書いてあったりします。ただ、その中でも読んでいると『うんうん、分かる!』みたいな割とフィットしている部分もありますね。自分が望まれて生まれてきたんじゃないと考えているくだりとか、コールガールをやっていた時の時間軸の描写などは、相当に強烈でした。彼女がどういう感覚でその時間を過ごしていたかなど詳細に書かれていたので、なかなか衝撃的でした」とネリーについてコメント。

■ “死”の魅力を表現する脆い女性を熱演!

本作は舞台上に10個のキューブが積み重ねられ、それぞれが部屋となっている。その中で、“幻想の部屋” “天空の部屋”“血の部屋” “神秘の部屋” “影の部屋” “ヘビの部屋”と称された6つの部屋の中に、松雪をはじめ6人の女優が1人ずついて、1人のダンサーが部屋を行き来するという演出だ。松雪が担当するのは、“影の部屋”にいる、人生を終わらせようとし、死について語る女性という難しい役どころ。

「どのお部屋も美術がすごいと思います。存在すべき女性が居るべき空間にちゃんと落とし込んであるし、その計算された感じがすばらしいなと思います。キューブの空間の中でいろいろな人が生活しているんですけど、私の部屋と上の部屋の人は生きている時間軸も違うし、起きている関係性も何もかもが全然違うので、不思議な感じです。すごく強烈な部屋を担当するので、とても苦しいし大変です。意外とみんなで合わせる歌の部分が、一番難易度が高いかも。壁があるし、呼吸のタイミングを体に入れていくしかないですね。すごく美しいハーモニーがセッションで生まれつつあるので、そこはとても格好いいものを見つけられるような予感がしています」と期待をふくらませる。

■ 最初は不安と恐怖しかなかった…

また、稽古を始める前と後では作品に対する印象が随分変わったという。「『ピュタン』を読んだ時、そこからは理解できなかった領域がたくさんありました。そこに描かれている彼女の言葉と表現方法は想像をはるかに超えるほど強烈で、苦しくて、読み進めるのがやっとという感じでした。そして、『なぜ彼女は死を選択したのだろうか?』と考察すればするほど、自分自身も苦しくなってきました。これを表現という領域に落とし込んでいくには、『どういう道たどったら道が見いだせるのだろうか?』と苦悩しましたね。とんでもないプロジェクトが始まったなと思って(苦笑)」。

稽古場が始まりマリーの作品に懸ける思いを知った松雪は、「ネリーの知性をもっとたくさんの人に知ってもらいたかったという思い、女性であること、女性として生きること、そして女性がありのままの姿で存在してはいけないような風潮というか…女性に対する社会の偏見、女性というものを表現するということを聞きました。稽古が始まる前は怖かったですが、マリーさんが『今はそれぞれの俳優がアーティストとして存在して、またこのカンパニーはこのカンパニーで新たな物を生み出していきたい』とおっしゃっていました。マリーさんやみんなとセッションして、どういう物が生まれるか楽しみですね」と笑顔を見せる。

■ 人生で何度もできない貴重な役に巡り合えた

これまで舞台、ドラマ、映画などでさまざまな役を演じてきた松雪。出演する作品選びの基準を「ご縁ですね。この作品の役は、なかなか人生で何度もできないですし。前作の『髑髏(どくろ)城の七人〜鳥』は、20代の頃に劇団 新感線の作品を見て出たいと思っていた作品でした。とても大変でしたが、とてもうれしくて、ありがたかったです! やっていない役の方がまだまだ多いし、選ぶという感じではないです。お話しをいただいたら、いろいろトライしたいですね。しんどいとか、考えないかも。お話しをいただいたタイミングやご縁だったりするので。ふたを開けてみたら大変だったということはありますね。でも、できない役はこないっていうから、きっとできると思います(笑)。勝手にポジティブに考えています。表現者として、新たな領域にチャレンジできるよう頑張りたいです!」。

■ 私たちの肉体を通してネリーを知ってほしい

最後に「この部分がすごい!」という見どころについて、「まだまだ未知なのですが、頭で考えている以上に、理屈抜きにネリーの言葉の威力ってすごいんです。放っておいても彼女の言葉は突き刺さってくるので、その言葉を感じてほしいです。劇場で、私たちの肉体を通して、彼女の生きるエネルギーや言葉のエネルギー、彼女の感じている世界観を感じてもらえるんじゃないかなと。もちろん、美術も音楽すごくすばらしいですし、マリーさんの演出もすごく楽しめるので、見たことのない演劇体験ができると思います!」と力強く語った。