クラブツーリズムは、「リゾートエクスプレス(お座敷列車)「ゆう」で行く特別ルート 都会の貨物線日帰りの旅」を、12月2日と9日に催行する。

池袋を午前8時59分に出発し、大崎、新木場、誉田、新小岩操車場、松戸、田畑操車場、新鶴見操車場、逗子、新鶴見操車場を経由し、品川には午後4時14分に到着する。通常は旅客列車が走行しない貨物線を走行する。走行距離は約240キロ以上。車両は1991年より営業運転を開始したリゾートエクスプレス「ゆう」を使用する。

JR東日本との2年間にわたる交渉を行い、7月に実現した貨物線を走るツアーは、定員の300名に対して600名のキャンセル待ちが出たという。鉄道ファンを中心に満席となったことから、列車を変えて再び催行することにした。

旅行代金は大人22,000円、小人19,000円。定員は各日132名。クラブツーリズムオリジナルの特製サボ(行先標)をプレゼントする。